銀行選びはパートナー選び!案外「相性」ってあるんです。

LIFE PLAN

戸建てにしてもマンションにしても、人生で最大の買い物なんですから、キャッシュで一括という人の方が少数派。

となると、気になってくるのが

「どこの銀行で住宅ローン借りようかな」という点。

元々付き合いがある銀行があればまだ話は早いのですが、自営業者でもない限り「いつもの取引先銀行」って給与振込で使用している銀行くらいしか思いつきません。

また、借りる金額も高額ですから金利も気になるところ….。

もう一体どこの銀行選べばいいの??とお悩みならば、まずはそれぞれの銀行の特性から把握していきましょう。案外「相性」って存在するんです。

まずはざっくりと銀行の特徴を知ろう

「いやいや、ゆーてもどこの銀行も変わらんでしょ」と達観するのはまだ早い。

まずはざっくりとそれぞれの銀行の特徴を把握して、自身にあった申込先を検討しましょう。

銀行 特徴
都市銀行

東京や大阪など大都市に本店を置く銀行。(例:みずほ銀行、三井住友銀行など)

広域展開をしているので「元々熊本は地元じゃない」「転勤の可能性が」という方に。

地方銀行

地方に本店を置く銀行。(例:肥後銀行など)

ATMの数が多いので入出金の回数が多い人にとっては便利。

信託銀行

通常の銀行業務に加えて、相続の手続き、相談も請け負ってくれる。

住宅ローンのみならず、財産や資産相続の相談もゆくゆくは…という人向け。

ゆうちょ銀行 昔でいうところの「郵便局」。地方銀行と同等レベルにATMがあるので使いやすい。
ネット銀行

インターネット銀行。直接店舗を構えていないので、金利をお得に設定していることが多々。

 

ざっくり分けるとこんな感じです。

あとは「銀行」というカテゴリではありませんが、業務内容として銀行と同じことをしているのが

  • 信用金庫…その土地に設置された禁輸機関。地元密着型で地域の活性化をになっている。
  • JAバンク…農業資金のみならず各種ローンも対応可能

 

の2つです。

貯蓄用と普段使い用の2つの口座を使い分けるのも手

それぞれの特徴が分かったところで、次はどの銀行を選ぶのか?という点が問題です。

面倒さを嫌うのであれば、すべて1つの金融機関でまとめた方が確かに便利なのですが、それぞれの得手不得手が存在します。

例えばネット銀行。

確かに預貯金の金利は高く、住宅ローンなどのローンの金利が低いという魅力は存在します。

しかし、普段の生活費もその口座に入れてしまうと、今度は引き出しの際に手数料が都度発生してしまう…という事も。ネット銀行が提携しているATMって、コンビニATMが多いので、そのたびにコンビニ行って手数料支払って、って考えると、普段使いにはちょっと不向き。

なので

「住宅ローンはネット銀行」

「普段使いは自宅そばにある地方銀行」

など、使い勝手で分けるのも方法です。

まとめ

申込先銀行を金利だけで選んでしまうと、いざ返済が始まったときに「職場からATM遠い。面倒」「記帳できないの不安」など、ちょっとしたモヤモヤが出てしまうことも。

ここのモヤモヤって案外ずーっとわだかまりとして残っていくものなんです。

まずはそれぞれの銀行の特徴を把握して、その上で自身との相性を考えてみましょう。

最長で35年お付き合いする返済なんですから、金利にプラスして、自身の生活とあっている申込み先なのか?も、一緒に検討していくといいかもしれませんね。

ぜひ参考に。

 

 

メルマガ登録でCRASの住宅雑誌をゲット!