何を基準にしたらいい?住宅メーカー探しと結婚相手探しは似ている

LIFE PLAN

新築で家を建てる時、どこのメーカーに依頼するのかは誰もが抱える悩みです。数多くある住宅メーカーが、膨大な情報を発信しているため、素人目では何を基準にしていいのかなかなか分かりません。そこで、今回は同じように誰もが悩む「結婚」と比較した住宅メーカーの選び方をご紹介します。

「住宅メーカー」と「結婚相手」を選ぶ悩みや不安は似ている

「家を建てる!」「家を購入する!!」その気持は生半可なものではありませんよね。なにせローンを組む場合、借りる金額が数千万円規模ですから、できるなら失敗したくないし後悔するなんてもってのほか。「終の棲家として!」とまで願い購入する一生物の買い物です。

入念な下調べをして、信頼できる住宅メーカーを探すことになりますが、数多くある住宅メーカーすべての情報を完全に網羅することは、不可能ですよね。そんな時、一体どこに頼めばいいのでしょうか?住宅メーカーも営業なので良い情報しか言わないだろうし、何を信じていいのか分からない!!そんな悩みも多いでしょう。

…あれ??でもこの悩みって結婚相手を探す時の不安感と似ていませんか?

選択のポイントは金銭感覚のマッチング

 

家の購入を結婚に例えて考えてみましょう。どんなに好きな相手でも、浪費癖や借金癖があると、なかなか結婚には踏み込めないものです。できることならば自身と同じような金銭感覚を持っている人の方が望ましいですよね。

住宅の見積もりを出してもらうと、想像以上に費用が発生することが多々あります。しかしこちらの懐具合を無視して「これくらい借りられます!」「一生モノですよ!!」なんて、売りつけてくる住宅メーカーとはご縁がなかったと諦めたほうがいいでしょう。

「借りられる金額」よりも「返済できる金額」で、話をすすめてくれる住宅メーカーの方が信用できます。

パッと見イケメン?中身イケメン?外観と機能性どちらを重視するべき?

なんだかんだいっても、初対面の人の印象に残るパーツは顔ですよね。しかしどんなにイケメンでも、中身が残念な人はザラにいます。それよりも中身イケメンの方が、長い間一緒にいて絶対的な安心感がありますよね。

家も同じです。デザインなどの外観で選ぶよりも「家を守ってくれるこの柱、無垢なの?集成材なの?」「足元を支えてくれる基礎はベタ基礎なの?かぶり圧は?」と、普段は見えない住宅の基礎となる部分に目を向けると、どの住宅メーカーがより“中身イケメン”なのかが分かってきます。

噂に惑わされない!ネガティブな評判も参考に

「ちょっとこの人いいな」と思うタイミングで、自然とその人に関する評判を耳にするものです。「う~んあの人ねえ…結構チャラいらしいよ」「あんまいい噂聞かないかな」という話を全て鵜呑みにするのは危険です。むしろネガティブ情報は本質を見極めるチャンスだと思いましょう!

例えば住宅メーカーの場合、大手になればなるほど顧客が多いものですから、どうしても批判的な口コミは存在します。そりゃそうですよね。年齢も違えば家族構成だって異なる。もっと言えば担当者によっても大きく印象は変わってくるものです。

そういう一面もあるんだと頭の片隅に入れておいて、そのネガティブな情報をぶつけてみてはいかがでしょうか?

その時の対応で、いざというときの態度も垣間見られますので、本当に信頼のおける担当者なのかが分かる目安にもなります。

担当者との意思疎通が大事!会話のキャッチボールができるのか

「優しい人が好き!」「私の言う事を聞いてくれたら最高」そんな気持ちもよく分かります。しかし、優しいだけの人って、いざというときに全く役に立たない事が多いものです。

どんなに言いにくいことでも、間違った方向に進みそうな時にはきちんと会話をし、軌道修正してくれる方が、むしろ本当の優しさではないでしょうか。

初めての住宅購入では、どうしても自分の理想ばかりをメーカー側に伝えてしまいがちです。

「自分の家なんだから、自分の思い通りのものにしたい!」という気持ちは分かります。しかし、すべてクライアントの言う事をハイハイと聞くイエスマンなメーカーか、きちんと理由を述べた上ですぐに代替案を提案してくれるメーカー、どちらがより信頼性や優しさを感じられるでしょうか。

まとめ

どれもすべてパーフェクト!!そんな住宅メーカーを探すのなんて至難のワザです。そのため事前に「絶対ここは譲れない」という条件リストを作って、1つでも多く条件に見合うメーカーを探していくことも、近道になってくるのではないでしょうか。ぜひ参考に!

メルマガ登録でCRASの住宅雑誌をゲット!