【予算は限られている】優先すべきは場所?住宅メーカー?

LIFE PLAN

住宅購入で最初に悩むポイントは、土地探しですよね。建物は住宅展示場や、住宅メーカーのホームページを見てなんとなく想像はできても、土地は想像し辛いですよね。

今までの人生において「おっ!この土地いいねえ」なんて考えたこともないので、一体何を基準に選んでいいのかすらも分かりません。

そして利便性のいい土地って、狭くて高い!

でも予算は限られている!!

そんな時、優先すべきは建物の値段?それとも土地??

「土地探しから弊社にお任せください!」に丸投げして本当にいいの?

一緒に土地も購入する場合、相当、「土地の目利きに自信がある!!」という人以外は、大抵住宅メーカーに土地探しからお願いするものです。

しかし、ここでちょっと視点を変えてみてください。

あなたが仮に住宅メーカーの営業担当者だったとしましょう。

「予算は3,000万円くらいかなあ。土地とか全く決まってないんです」というお客さんが現れた場合、どのような予算割り振りにします??

私なら間違いなく、最初に自社の上物(建物)の値段を計算し、そこから余ったお金を土地予算に充てます。げへへ。

「それでもいい。とにかく上物ありきですべてを考えたい!!」という人はまれじゃないですか?

そのため、上物の値段が固定されている以上、どうしても土地購入に充てる予算は低くなってしまうのが現状です。

ネットで紹介されている土地は「誰も買わなかった土地」

住宅メーカーに依頼すると、土地に充てる予算が減る。「それなら不動産情報などを見て手ごろでいい土地を自分で探そう」ってなりますよね。でも、インターネットに流れている土地って、誰も買わなかった土地ってご存知でした?

不動産業者の多くはどこかしらの住宅メーカーと繋がっています。

ここでも少し視点を変え、あなたが不動産業者になったとしましょう。

ある日「もうこの土地を売却しようと思うんです」とお客さんが来ました。査定した結果、充分、値はつきます。さあここからです。

効率よく余計な予算をかけずに売却するにはどうしたらいいのか。広告を打つ?それでもお金はかかります。

答えは、付き合いのある住宅メーカーに「いい土地出たよ」って一言連絡すればいい話です。

下手したらメール1本ですべて終わります。

市場に出す前に、住宅メーカーに伝え、住宅メーカーは土地を探している顧客に伝える。それでも何の反応もなかった場合に、仕方ねえなと広告費用を出して、市場に出す訳です。

つまり今出回っている土地情報は、悪い言い方をすれば誰も相手にしなかった土地なのです。

結論は「土地ありき」

「じゃどうすればいいの!」ってなってきますよね。わかります。

結論から先に言うと、優先すべきは土地です。

上物はどんなに気に入っても経年劣化してきます。だって建物ですもん。未来永劫、姿かたちが変わらないなんて無理です。

建築法によっては「劣化」を「変化」にさせられるものもあるでしょう。

しかしどうしても新築当初とは変わってしまいます。

一方、普遍的なものは土地です。長い年月をかけて家族構成が変わったとしても、土地さえあれば何度でも立て直しは可能ですから。

ですから、優先的に考えるのは、資産価値の下がりにくい「土地」にすべきでしょう。

考えることは「今」ではなく「未来」

子どもがいる家庭だと、どうしても子供への環境が優先されてしまうものです。極論で言うと「あっ!!ここ幼稚園近い!」で選んでしまうことも。

でも、幼稚園に通う年数って長くて3年ですよね。

そこ3年のために、今後何十年と居住する土地を決めてしまうのは危険です。

まずは住環境を優先順位の上位で考えてみるといいでしょう。

もし将来子供が遠方に進学することになったとしても、公共交通機関は整備されているのか。今は車でどこでも行けるけれども免許を返上したあと、徒歩圏内に買い物できる施設はあるのか。など、各家庭によってコダワリポイントは異なってきます。

まとめ

土地探しを業者に丸投げするのではなく、事前に家族でしっかりと話し合い「譲れないポイント」を明確にしておくことをおすすめします。

すると自然に「この地区がいいのではないか」と見えてきますので、その地区の土地平均価格を調べることができます。

土地の平均価格から予算を差し引き、その予算内で建てられる住宅メーカーに相談した方が、話が早く済みませんか?その際にしっかりと「土地はこの地区で」と伝えれば、営業マンもより探しやすくなりますよね。結果、時短にも繋がります。

どれが正解なんてありません。少し不便でも「この田舎暮らしがいいんだ」と思えれば、それで正解なのですから。

後悔しないためにも、土地へのコダワリポイントを見つけていきましょう!!

メルマガ登録でCRASの住宅雑誌をゲット!