中古物件を購入!ぶっちゃけ値引き交渉ってどうすればいいと?

LIFE PLAN

「新築も憧れるけどやっぱ予算を考えたら中古かねえ」となる人も多いのでは。また予算だけの問題ではなく、希望の立地を優先したら中古という選択肢になったという人もいる事でしょう。

新築とは違い、中古物件を購入することで様々な見学ポイントが出てきますが、何と言っても一番気になるのが購入金額です。

可能であれば少しでも安く購入したい…値引きしてくれらっさんどか…。

しかしなかなか「値引きってできますか?」とは言いにくいもの。実際、他の人はどうしているんでしょうか?

値引きありきで売却金額を設定している場合が多い

住宅売却金額って、いくらで出そうと売主の自由です。例えば査定額が500万円だとしても「いや!1億でしか売らん!!」となれば、1億で売りに出す事だって可能な訳です。

でもまあ、そんな欲を出しても売れませんよね。

だからと言って「もう査定金額のままでよか!」と金額を出す人もマレです。

なぜなら最初から値引き交渉があるであろうという事を見越していますから、値引き額も考慮した金額を設定するのです。

「最低でもこの程度の売却金額で!これより値下げは本当に無理!!」とうデッドゾーンを事前に決めて、売却金額を決めていきます。

え?てことは普通に値引き交渉していい?

結論から言うと、値引き交渉しても問題ありません。

最初から値引きありきで金額設定してますから、まあなかったらその分ラッキーだなって程度の話です。

なので、普通に値引き交渉って行われてますよ。

ウィークポイントをつけばいい?

「あ!!ここの壁紙が汚れている!これをネタに値引き交渉してやるぜ」的な、ウイークポイントをついた交渉は避けておきましょう。

相手だって人間です。

「そがーんこつでワーワー言わすなら、別にあたに買ってもらわんでよかですばい」
ってなります。

売主からすれば、愛着のある家なんですから、値引き交渉のためだけにディスられたら誰でも「ならもうよかです」ってなっちゃいます。

くれぐれもウイークポイントを値引き交渉の材料に使わないように注意しましょう!

ところで値引き交渉って自分でするの?

安心してください。そこは不動産業者のお仕事です。

買主がやる事は、紹介してくれた不動産業者に「あの物件、値引きって可能ですかね?」と聞く事くらいです。

事前に売主から「値引きNG」と言われていない限りには、不動産業者も判断できませんから「確認しますね」と、言ってくれます。

あとは回答を待てばいいのです。

値引き交渉後のキャンセルはマナー違反

無事値引き交渉ができた!!でも違う物件の方が気に入ったからキャンセル…は、マナー違反。

もちろん値引き交渉あとにキャンセルしちゃ違法とか、そんなものはありません。

ただ、売主の立場になって考えてみましょう。せっかく値引きしたのにキャンセルって残念もいい所です。

社会人のマナーとして、一度値下げ交渉をしたのですから、気まぐれでキャンセルしてはいけません。

先に住宅ローン審査しておくべき?

可能なら先にしておいた方がより有利です。

中古物件っていいところはほんとサクサク決まるんですよ。引っ越しシーズンならなおさらです。

しかも先着順なところがありますから、先に住宅ローンの仮審査でも通っておけば不動産業者も売主も、今から審査に通すという人よりは信頼度がアップします。

確実に購入できる人と契約した方が、時短になりますからね。なので、先に住宅ローンの審査をして実際どの程度までなら借入れが可能なのかを調べておくのも方法です。

まとめ

中古物件はマンションでも戸建てでも一期一会です。

「これだ!!」と思っても、大きな買い物ですから、悩んでいる間に他の人が先に申込みをしてしまう事も珍しくありません。

「わーちょっと予算オーバーばってん値下げとかできるとかな…」「なーん!あたが言いなっせ!」と揉めている暇はありませんよ。そんな時こその不動産業者です。

ダメもとで一度聞いてみてもいいかもしれませんよ。

メルマガ登録でCRASの住宅雑誌をゲット!