住宅ローンの審査落ちの原因はスマホ分割購入?

LIFE PLAN

最近のスマートフォンは、一括購入しようにも、新機種なら10万円超えることも珍しくはありません。分割にすれば月の利用料と合算で請求が入るから支払いも簡単だし、キャリアによっては基本料金が割引になったりするので、あえて分割にしている人も多いのでは。

しかし、そのスマホ分割が原因で、住宅ローンの審査に通らない事があるんです。

は?スマホ分割と住宅ローンの何が関係あると?

スマホを分割で購入すること自体は、住宅ローン審査には影響しません。問題は携帯料金の支払いが遅れた場合なのです。

スマホを分割で“購入”したのですから、単純にローンを組んで商品を購入したことと同じになります。

もちろん、その情報は信用情報機関に登録されるのです。

つまり携帯料金の支払い遅れは、そのまま他社返済遅れとみなされてしまうんです。

待って?信用情報機関てなに?

住宅ローンのみならず、金融商品(銀行カードローンやフリーローン、教育ローンなど)に申込みをすれば、必ず行われるのが信用情報機関への情報照合です。

申込者の氏名、住所、そして現在いくら借入をしているのかが一目でわかるようになっています。

他社契約分も、いくら借入をしていて本来の返済日はいつ、実際返済を行ったのはいつなのかも記載されているので、遅れていればすぐに判明するんです。

どの程度の遅れまでOKにするのかは、各銀行、そして審査を行う保証会社によって違いますが、まあ遅れている事実が判明すれば心証はよくありませんよね。

「ちょっ!スマホ代も支払いきらっさんとかな」「住宅ローンやらこの程度の支払い金額じゃないけど本当に大丈夫とだろうか」と不安視されてしまいます。

信用情報機関で確認される情報は他社借入状況だけではない

「いや、別に携帯会社からお金ば借りとる訳じゃないし、そこまで重要視せんでも」と思ってしまいますが、お金を借りていようとなかろうと、そこは問題じゃありません。

現金支払いではなくローンを組んで契約している分を延滞しているのですから、ローン返済分が遅れている、とみなされてしまうのです。

また、信用情報機関では他社返済状況だけを確認するわけではありません。

いくら借入をしているのかも重要なポイントになってきます。住宅ローンは銀行で取り扱っているので、消費者金融の総量規制(年収の3分の1以下)は対象外です。

しかし、“返済利率”という基準が出てくるんです。

ザックリいえば、年収に占める返済額が何割まで、と決められているのが返済比率です。年収によって何%までOKなのか銀行によって変わってきますが、20%~35%程度を採用している銀行が多数です。

つまり現在借入れ金額だけで、すでに返済比率をオーバーしていれば審査に通る事はできません。

そのために信用情報機関で他社からいくら借入をしているのかを確認しています。

まとめ

いや~単なる携帯料金未払いから、まさか住宅ローン審査に影響するなんて思わなかったですよね。

でもこれが現状なんです。そのためスマホにしても家具家電にしても、できる限り住宅ローン審査が終わるまではローンを組まずにいたほうが賢明です。

また可能であれば少額融資の借入先を1社でもまとめておいた方が、審査時の心証が良くなりますよ。

メルマガ登録でCRASの住宅雑誌をゲット!