金融ブラックになったのは5年前。今なら情報も消えているし住宅ローン組めるど?

LIFE PLAN

「債務整理を行ったのが5年前。その情報が消えるのは5年やけん、もう住宅ローンに申込みしても審査に通るやろ!!」

そう意気込んで、住宅ローンの申込みをしたとしますよね。

ほぼ撃沈です。

「は?だって情報消えとるし!!」って思う気持ちはわかります。でも銀行の信用情報機関の情報保管は10年なんです。

信用情報機関は3つ存在する

どの金融商品に申込みをしたとしても、必ず審査前に行われるのが信用情報機関への問い合わせです。

「今回、申込みした人は過去に何かトラブルを起こしていないのか」「現在、他社借入はあるのか」「返済はキチンと行っているのか」を確認するために、問い合わせを行うのですが、住宅ローン審査でも同様に行われます。

確かに債務整理をしたという情報は5年で消えます。ただそれは「CIC」と「JICC」のみの話です。CIC,JICCに登録しているのは消費者金融や信販会社なのですが、銀行の場合は「KSC」に登録しています。

KSCでの過去情報保管期間は10年です。

そのため、消費者金融では審査OKであっても銀行ではNGというのも、よくある話なんです。単純に5年経過していても住宅ローンへの申込先は銀行、つまりKSCでの審査なのでまだ情報は消えていません。

自己破産以外の債務整理なら要注意

「よっしゃ10年ね!もう経ってる!」となっても、ちょっと待ってください。過去に行った債務整理が自己破産であれば問題ありません。

ただし自己破産以外の、特定調停や個人再生、任意整理であれば、カウント方法が違います。債務整理の申し立てをしてから10年ではなく、完済してから10年なんです。

例えば2008年に特定調停の申し立てをして受理されたとしましょう。そこから毎月、裁判所で決められた金額を真面目に支払い、2011年に完済という事であれば、2011年から10年後なので、情報が消えるのは2021年という事になります。

ここで計算ミスをする人が多いので、本当に気をつけておきましょう!

住宅ローン審査を行うのは銀行ではない

銀行に住宅ローンの申込みをしたんですから、審査も当然銀行がする…訳ではありません。実際、審査を行うのは銀行ではなく保証会社です。

そこで問題になるのが、どこの保証会社が審査をしているのか?という事。

多くは銀行の提携先金融機関が行います。と言われてもピンときませんよね。

じゃちょっと視点を変えてみましょう。過払い金やグレー金利が廃止になって消費者金融がどんどん潰れていったことは記憶に新しいのではないでしょうか。

今残っている消費者金融業だって、過払い金が発生していましたし何ならグレー金利も適用していました。

でも潰れていない。

理由は銀行の傘下に入ったためです。

例えば消費者金融大手プロミスであればSMBCグループなので三井住友銀行グループですし、アコムは三菱UFJフィナンシャルグループです。

つまり消費者金融が住宅ローン審査に携わる可能性が非常に高いのです。

消費者金融が審査したら何がいけないの?

仮に、過去の金融ブラック情報が完全に消えている状態で申込みをしたとしますよね。確かに信用情報機関では何も出てこない。むしろ真っ白の状態です。

でもこれ消費者金融が最も怪しむパターンなんです。

年齢にもよりますが「今までの人生において、1度もローン組んだことがないとかおかしくない??」ってなるんです。なので、むしろ他社借入が現在ある人よりも審査は厳しくなります。

そして念のため調べるのが「名寄せ」という自社情報のチェックです。

信用情報機関での情報は10年で消えますが、自社情報なんてほぼ永遠に残りますから、そこで過去に審査を行う保証会社(消費者金融)で借りた経験があればすべてバレます。

そのため申込先銀行を検討する材料として、どこの保証会社が入っているのかもしっかりと確認しておくことが重要になってきます。

まとめ

消費者金融や信販会社であれば5年で情報は消えますが、銀行が加盟している信用情報機関では10年です。完済して10年後ですから間違えないようにしておきましょう。

また、申込先の保証会社によっては自社情報で過去の事がバレてしまう可能性が出てきます。どこの保証会社なのかも事前にチェックしておくことをおすすめします。

メルマガ登録でCRASの住宅雑誌をゲット!