「なんで貯金ができんとかな」お金の疑問はFPへ相談したモン勝ち!

LIFE PLAN

「あああ!!また赤字」というご家庭よりも「赤字ってほどじゃないけど、まあ生活はできているかな。貯金はできんけど」というご家庭の方が実は多いものなんです。

「節約はしたほうがいいとやろうねえ…でも、別に切羽詰まってるわけじゃないし」で、そのままズルズルと無貯金生活を過ごし、いざマイホーム購入計画などでお金が必要になった時に「どうしよう!」となるのがパターンです。

だったらもっと気軽にお金のプロであるファイナンシャルプランナー(FP)へ相談したっていいんです。

というより、相談したモン勝ちなんです!

よく聞くけどファイナンシャルプランナーてなに?

ファイナンシャルプランナーとは、人生で必要になるお金や夢を実現するために相談ができる、家計に関わる金融知識(税制、不動産、住宅ローン、年金など)の知識をもった人のことです。

ファイナンシャルプランナーは国家資格なので、要は国が認めたお金のプロという事ですね。

何を相談すりゃいいの

明確な目的なんてなくてもいいんです。

「なんかよく分からないけど、毎月貯金できていないのはなんで?」でもいいですし「実は子供をあと1人と考えているけれども、やっていけるのか…」なんて家族計画でもOK。

例えば、いくら仲がいいママ友でも「ねえお給料いくら?」とか「生活費いくらでやりくりしよる?」とか聞けませんよね。

お金って大事なのに、どう使っているのかという重要な部分はなぜか聞いてはいけない風潮になっていますので、なかなかリアルでは相談しにくいものです。また比較基準もありませんから「よく分からないけどマイナスにならないならいいだろう」と自己流でどうにかしようとするものです。

そこでプロの視点から日常の家計の流れを見て、それに基づきアドバイスをしてくれる人がファイナンシャルプランナーのお仕事です。

「なんとなくこのままでいいのか不安」という、ざっくりとした内容でも問題ありません。

「何を」相談するよりも「どこに」相談するのかが重要

お金の悩みは人それぞれです。なので「こんな事相談してもいいのかな」なんて思うことだって、どんどん活用した方がいいんです。

ただ問題は、何を相談するのかではなく「どこに」相談するのかという点ではないでしょうか。

今までファイナンシャルプランナーに相談をしたことがない人の方が多数ですから、そもそもどこに行けばいいのかすら検討もつきません。

そのため、最初にすることは相談先探しなんです。

避けたほうがいいファイナンシャルプランナー

それぞれ考えがあるので一概に「このファイナンシャルプランナーがいいですよ!」なんて明言はできません。

しかし「いやこれ絶対こんなファイナンシャルプランナーさんは避けてたほうがいやろ」という事は大体、共通しているので、まずは避けたほうがいいファイナンシャルプランナーの特徴から見てみましょう。

やたら無料を強調

何でもそうですが「無料」って惹かれるもののそれ以上に怪しさが付きまとう言葉ですよね。特にお金の相談が無料でできる、となれば「何かしら売りつけられるんじゃないか」と誰しも構えてしまいます。

でもよく考えてください。あくまで相談なんです。相談程度の話なのに、わざわざ無料を強調するのってどうなんでしょうか。

大体、どこも無料です。

デリカシーのない造りの事務所

お金の問題なんて得にデリケートな問題なので、極力誰にも会いたくないし、声が漏れるなんてもってのほかです。

でも「いつでもお気軽にご相談ください」というところは、大体オープンな部屋なんですよね。誰か来たらと思うとソワソワしちゃいますから、落ち着いて相談もできやしません。

あれです。病院の待合で、診察中のドクターの声が丸聞こえになっている事に気づいたときの気まずさに似ています。

「うわー…声めっちゃ待合室まで響いとるやん…。てことは私の診察の時も丸聞こえ?」っていうあの感じ。

「聞きたくもない情報が聞こえてしまった」という気まずさと「自分もこうなる」と思うと、もうそれだけで、帰りたくなってしまいます。

専門用語ばかりを連発する

初対面の人に家計の相談をするって、それだけでも相当な勇気が必要ですよね。また、せっかく来たからには何かしら有益な情報を得たい、という希望をもって相談に行く訳です。

にもかかわらず、やたらと専門用語のオンパレードで、何を言っているのか半分も理解できなかった…では、時間の無駄としか言いようがありません。

どの職種でも言えますが、やたら専門用語ばかり使う人って、大体仕事ができません。素人でも分かりやすく伝えるまでの知識がないから、専門用語で誤魔化そうとする人が多いものです。

そういうファイナンシャルプランナーは避けておいた方が得策です。

結局どこを選べばいいの?

 

 

「じゃ一体どこを選べばいいと?」ってなりますよね。答えは避けたほうがいいファイナンシャルプランナー(もしくは事務所)に該当しないところです。

・無駄に無料を強調しない(=虚勢をはらない)
・プライバシーに配慮した事務所
・専門用語を使わずわかりやすく説明

これらをすべてクリアできるファイナンシャルプランナーが望ましいと言えます。

まとめ

「餅は餅屋」という言葉が昔からあるように、お金の相談事は友人や身内ではなくお金のプロに相談をするのが最も合理的です。

国家資格をもったプロなので、色んなケースでも対応可能ですから、もっと気軽に活用してみましょう!

「ちなみに“みらいコンシェルジュ”でも家計簿相談は行っています!全室個室ですし、私が分かりやすくご説明させてもらいます!アンビーでのお買い物ついでに、お気軽にお立ち寄りください」

メルマガ登録でCRASの住宅雑誌をゲット!