マンションVS戸建てを8項目で比較してみた

LIFE PLAN

「そろそろ持ち家を」と検討する際に、最初に出てくるのが「戸建て?マンション?」という壁。もうこれ本当に悩みますよね。

住宅購入予算を決めるにしても、マンションでも新築なのか中古なのか、はてさて新築戸建てなのか中古戸建てなのかで随分と金額が変わってきます。

でも、これから終の棲家となるんですから、そんな目先の金額だけで決めていいの?という不安も出てきます。

それでは具体的にマンションと戸建て、何が違うのかを8つの項目で比較し、明確にしていきましょう!

1.ぶっちゃけ安いのどれ?

まず気になるのってこれですよね。誰しも予算が無限にある訳ではないし、できれば安価で抑えたい!!

では熊本市で現在(2019年2月)市場に出ている物件金額で比較してみましょう。広さはファミリー物件対象として3LDK~に絞ってみました。

やはりお求めやすい物件となれば、中古マンションという選択肢になります。次に中古戸建て、新築戸建て、新築マンションという順です。

2. どっちが使いやすい?

使いやすさは人による…という答えだと、あんまりな話ですから、ここではいっちょ「好きな間取りに変更できるのか?」という点で見てみましょう。

ざっくり分けると、中古でリノベーションするなら可能だよってことです。もちろん新築でもできない事はありませんが、購入予算を考えると難しいのが現状です。

3. ゴミ掃除とか管理面は?

今まで住んでいた集合住宅が、曜日や時間を気にせずいつでもゴミ出しOK!だった人には、切実な問題ですよね。

できればゴミなんて家の中に溜めておきたくないし、なんならゴミステーションの掃除なんてしたくない。

その項目を優先するのであれば、マンション一択です。戸建てだとどうしても地域の方と共有のゴミステーションまでゴミをもっていかないといけませんし、当番制で掃除も回ってきます。地域によっては「自治体に入らないとゴミ捨て禁止」と銘打っているところもあるので、ここも比較検討の項目に入れておくといいでしょう。

4. やっぱり気になる耐震性

熊本地震を経験しているからこそ、やっぱり気になるのは耐震性ですよね。これはマンションにしても戸建てにしても必ず「この基準はクリアしといてくださいね」という耐震基準をクリアしているので、あとはどこまでを求めるのかで変わってきます。

また築年数でも耐震基準は変わってきますから「なんさま耐震が一番ばい」という人は、戸建てでもマンションでも新築を選ぶといいでしょう。

新築の中でも「耐震等級」があるので等級を目安に検討したほうが、わかりやすいものです。

5.設備ってどうよ

元々標準装備でついている設備は何なのかって、特に主婦は気になるところですよね。上を見ればキリはないが、せめて食洗器くらいは欲しい…!!

設備面で考慮するのならば、やはり新築マンションに軍配があがります。各マンションにもよりますが、生ごみを処理してくれるディスポーザーや宅配ボックス、フィットネスジムやコンシェルジュ、ライブラリーラウンジなど、設備面どころか施設面でもワンランク上です。

マンションは、こういった設備費用も加算されているので、戸建てよりも高額になっているのですが、「いや~…ちょっと使わないかな」という人は、新築マンション以外の方向性も検討するといいでしょう。

6. 売りやすいのはどっち?

万が一を考えると少しでも高く売却できる「資産価値」を求めるものです。戸建てでもマンションでもまずは立地条件によって、資産価値は変わってきますから、その他の居住空間で資産価値が高くなるのは、どちらなのかを見てみましょう。

マンションはどこの部屋でも大体同じ間取りです。そのため重要になってくるのは、どのような管理状況だったのか?という点。

築年数が古くても全く手入れをしておらず、老朽化していれば価値は下がります。

一方、戸建てですが、資産価値だけで考えれば上物(建物)は築15年程度でゼロになります。その分、固定資産税も下がるのもこの時期です。

7. メリットデメリットは?

マンションのメリットはとにかく便利、デメリットは住宅ローン以外のお金が発生しやすい。戸建てのメリットはマンションのデメリットすべてカバーできる、デメリットは自由度が上がった分、自己責任の部分が大きい…といったところでしょうか。

何を持ってメリット・デメリットと感じるのかは人それぞれですから、「そういった側面もあるんだな」程度にとどめておく程度でいいでしょう。

8.購入後に発生する費用は?

住宅に関しては「買って終わり」じゃありません。購入後も何かとお金は出ていきます。そのためある程度、購入後にどのような項目のお金が発生するのかも知っておかないと、後悔することにも繋がってしまいます。

マンションでも戸建てでも共通するのは、固定資産税ですが、その他の項目で購入後に発生する金額を確認してみましょう。

【マンション】
・管理費
・修繕積立費
・駐車場代
・駐輪代

【戸建て】
・メンテナンス費用
・外構費用

マンションで挙げた項目は、毎月発生します。一方、戸建てで挙げた項目は十数年に一度しか発生はしません。その分金額も大きくなるのが特徴です。

まとめ

マンションにしても戸建てにしても、必ず購入後には住宅ローンとは別に家を管理するための費用は発生します。そこまで見越した上で購入予算を検討しておかないと、最悪の場合自宅を手放す事になってしまいます。まずはマンションと戸建ての違いを知り、そこから予算の見合う持ち家はどこなのかを検討することをおすすめします。

メルマガ登録でCRASの住宅雑誌をゲット!