共働きだからこそ悩む。住宅ローンは夫?妻?夫婦?どちらの名義が失敗はない?

LIFE PLAN

最近、周りを見回しても専業主婦をしている人は少なくなってきました。皆、パートであれ正社員であれ、在宅勤務であれ、毎月一定の収入を得ている人がほとんどです。

「収入もある程度落ち着いてきたし、そろそろマイホームを」となれば、夫と妻どちらの名義で住宅ローンを組めばいいの?問題が出てきます。

ここを勢いだけで決めてしまうと、後々大変な事になるので、しっかりと検討し失敗のない住宅ローン計画を立てる事が重要になってきます。

共働き夫婦の住宅ローンは選択肢が3つ

共働き夫婦が住宅ローンを組む方法は、「夫もしくは妻名義」「ペアローン」「収入合算し連帯保証人になる」の3種類あります。

それぞれにメリット・デメリットが存在するので、しっかりと内容を把握していきましょう。

夫もしくは妻名義

最もスタンダードな方法が、夫名義単独で申込みを行う方法です。とは言え最近は妻の方が、収入が上という事もあるでしょう。

そうなると「どっちが申込む?」という話になりますが、ここは収入が低くてもまずは夫名義にしておいた方が無難です。

理由は、審査時に与える心証。「いや今や女性の社会進出…」という声もごもっとも。でも審査時には、まだ世帯主の名義で申し込むのが主流なんです。

そこであえて妻名義となれば「うーん…ひょっとしたら夫、借金あんのかもね」とあらぬ疑いをかけられ「不安要素あり」と判断される可能性が出てきます。

そのため夫婦どちらかの名義で申込みをするのであれば、夫名義がいいでしょう。

ペアローン

ペアローンとは1つの物件に対し、夫婦2人それぞれにローンを組むことです。夫婦がそれぞれ契約を行いますから、収入金額も上がり融資金額も希望どおりにいく可能性が最も高い申込み方法です。

また住宅ローン控除なども、それぞれ適用されますから単独名義で申込みを行うよりも、より恩恵を受けられることが期待できます。

収入合算し連帯保証人になる

単独名義申込みとペアローンの中間が、この収入合算での申込みです。名義は夫、妻は収入だけ合算し、連帯保証人になるという申込み方法です。

妻と収入を合算するので、融資金額も単独よりも高額になることが期待できますし、契約者は夫単独なので手続きもペアローンより簡単なのが特徴です。

リスクはないの?

住宅ローンは借りる金額が高額なので、絶対に失敗なんてしたくありませんよね。失敗すればそのまま家を売却するか最悪の場合、債務整理を行わなくてはいけませんから、勢いだけでは決められません。

しかも申込み方法も3つもあるので、何を選べばいいのかも分かりにくいものです。しかし、もしこの申込み方法を選べばこんなリスクがあるよ、という事を事前に知っておくことで、最悪の事態を回避できる可能性が出てきます。

それでは申込みの種類によって生じるリスクは何なのかを見てみましょう。

単独名義のリスク

夫もしくは妻の単独名義であれば、審査されるのは申込者のみです。そのためいくら共働きであっても配偶者の収入は審査項目に入りません。つまり専業主婦と同じ立ち位置なのです。

申込者が夫であれば、夫の収入のみで審査が行われます。

そのため希望金額には達しない可能性が十分にあります。すでに「この家がいい!!だからこの金額を借りたい!」と、物件が明確な場合には、事前に返済比率などを十分に検討する必要があるでしょう。

ペアローンのリスク

ペアローンのリスクは主に妻側にあります。ペアローンは個人で契約をするものですから、働いていることが最低条件です。そのため想定外の妊娠で退職したり、育休をとったりし収入が激減すれば返済すること自体が困難になる恐れが生じます。

また毎年の年末調整の計算も、それぞれの持ち分によって計算をしなくてはいけません。そして夫もしくは妻の持ち分の計算し「間違いなくこの持ち分は自分で支払います」という印鑑も押さなくてはいけないんです。

年末の忙しい時に夫婦で計算して、印鑑押し合って…って、意外と手間です。

もし離婚となれば、それもそれで大変なので、ペアローンを組む際には夫婦でしっかりと「万が一こんな時にはどうする?」など具体的に話し合う事が必要になってきます。

収入合算のリスク

夫のみの収入では厳しい場合に、よく「奥様、収入合算しません?」と声をかけられます。特に金銭トラブルがない夫婦であればいいのですが、問題は配偶者に内緒の借入がある場合です。

収入合算者はそのまま連帯保証人になる事が多いものです。

連帯保証人になれば、申込者同様の審査が行われます。そこで内緒の借入があれば審査に通らない事も珍しい話ではありません。

もちろん、もし審査に落ちたとしても明確に「いや~奥さん、めっちゃ借金ありますもん」など、具体的な審査落ちの要因をバラされることはありません。

しかし夫婦間で絶対に「なんで落ちた?」という話にはなりますよね。その時にバレてしまう夫婦が多いのも事実です。

そのため「この借金は絶対にバレたくない!!」という強い意志があれば、安易に収入合算するのはおすすめできません。

ライフスタイルの変化も視野に

現時点では夫婦ともども退職の予定がない、というご夫婦がほとんどでしょう。でなきゃ夫婦合算とかリスクが高いだけですもん。

しかしそれはあくまで現時点での話。

これから先、妊娠、出産、親の介護などイベントが入ってくる事もある程度想定しなくてはいけません。もし妻が無収入になったとしても問題なく支払える予算を組むことが、失敗を防ぐ唯一の方法です。

まとめ

先に好みの物件を見つけてしまうと、その物件予算にあった金額を住宅ローンで組みがちです。しかし住宅ローンは最長で35年間もお付き合いしなくてはいけませんから、その場のテンションで購入予算を決めてしまうのは危険です。

まずは一呼吸おいて、もし妻が働けなくなった、夫が働けなくなったとして月にいくら住宅費に回せる?と確認したうえで、予算を決めることをおすすめします。

メルマガ登録でCRASの住宅雑誌をゲット!