借金を住宅ローンに上乗せして借金を一本化できないものかと考えた

LIFE PLAN

借金を住宅ローンに上乗せして借金を一本化できないものかと考えた

いざ持ち家!いざ住宅ローン!!でも、住宅ローンって他の金融商品と比較すると、金利がすこぶる低いのでその分、審査が厳しいんです。

申込み時点で借金があるのならば、それだけで審査に通らないってほど厳しいイメージですが、本当に借金があるという事実だけで、審査に通らないんでしょうか。

そのへん実際どうなの?

借金があるとやっぱり住宅ローン審査は厳しい?

無借金の人ですら審査落ちするのが、住宅ローンです。借金があるって時点ですでに、スタート地点にもつけてないんじゃと悲観してしまいますが、別に借金があるからってそれだけが原因で審査に落ちるってことはありません。

問題は借金の有無じゃなく、収入に対してどの程度の割合で借金しているのかってところなんです。

例えば年収300万円の人が、申込み時点でカードローンや消費者金融から150万円借りてますってなれば、「あらららら!!年収の半分いっちゃったねこれ!」ってなりますが、借金10万円です。となれば「…そう、そろそろ完済見えてきましたね」ってなります。

要はそこです。

住宅ローンは年収に応じて「年にどの程度の支出があんの?」という、返済比率を審査時に確認します。比率は申込先の銀行、年収によってバラつきはありますが、平均30%~35%以下を条件にしている銀行が多数です。

そのため仮に借金があったとしても、返済比率にうま~~く収まっているのならば、大した問題じゃありません。

借金があっても住宅ローンを組むコツは2つ

「問題は借金の有無ではなく、金額だ」と話しましたが、すでに返済比率をオーバーしちゃっている人もいることでしょう。

先に言いますが、そのまま何の対策もせず、当たって砕けろ!精神で申込みをしても、砕けるだけです。おすすめしません。

せっかく事前に「やっべえ借金ある」と自覚しているんですから、無駄に砕ける必要はないんです。マイナス要因を少しでもプラスに持っていった状態で、申込みましょう。

さて、すでに多額の借金を抱えている人がすべき行動は2つ存在します。

1つは収入を上げる、もう1つは返済金額を減らす。以上です。

収入を上げるっていってもどんなに頑張っても、現在の給料が倍になる事はありません。しかし配偶者が勤務しているのであれば、収入を合算することで世帯収入を上げる事は出来ます。

また、借金総額そのものを圧縮することは難しくても、現在より金利が低い金融機関の「おまとめローン」を利用し、借金を1本化すれば、月の支出金額は減らせます。

まずこのような方法を用いて、少しでも返済比率を下げていきましょう。

住宅ローンに借金を上乗せして一本化ってできないのかな

「おまとめローンねえ…」「ばっ!!よかこつ思いついた!住宅ローンに借金分を上乗せした方がいいんじゃ!?」

確かに住宅ローン審査で「現在借入をしている分を、全て完済するのであれば…」というように、条件付き融資を受けることもあります。

しかし、銀行側から提案されるならまだしも、こちらから言って話が通るのか、また上乗せなんてそもそも可能なのでしょうか。詳しく見てみましょう。

住宅ローンは住宅に関係がないローンとは一本化できない

夢も希望もありませんが、正直難しいのが現状です。

「難しい?てことは不可能ではない?」と気づいたあなたは流石です。そこはあとで詳しく話ますので、一旦置いておきましょう。

さて、なぜ住宅ローンに含めての1本化が難しいのかと理由ですが、大きく分けて3つ存在します。
・そもそも住宅ローンは住宅に関係がないローンとは一本化できない
・倫理にも反するし住宅ローン減税額がおかしなことになる
・審査時に確認される物件販売価格や担保評価額でバレる

…そういう事なんです。

規定上、住宅以外に関係ないものはローンに含めることができませんし、どうにか不動産業者と口裏合わせて、見積金額を水増ししてもらっても、審査時にバレます。

特に広告を出してた物件なんて調べれば、販売価格すーぐヒットしますから。

ちなみに、不動産業者と口裏合わせて、請求金額を水増しするのってあれ詐欺行為なんで、やめておきましょう。銀行にバレたら一括請求きちゃいます。

可能性はかなり低いが狙うは「住宅ローン利用者専用のフリーローン」

先に「難しい」と表現したのは、可能性としてゼロではないためです。いや、かなりゼロに近しい数字ですが、まったくのゼロではない…って、やかましいですよね。さっさと答えを言います。

可能性があるとすれば、住宅ローン利用者しか申込みができないフリーローンを展開している銀行への申込みです。

住宅ローンとの1本化はできませんが、同じ銀行でローンの1本化はできる可能性が残っています。ただしこれは住宅ローンの審査に通過しなければそもそも申込みができませんし、相当優良な顧客出ない限り、鼻であしらわれる可能性が強いものなので、あまり現実的な策ではない、という事をお伝えします…。

まとめ

借金を含めた金額を住宅ローンに乗っける事ができれば、今より金利は下がるし、返済日もまとまるので返済管理がしやすくなりますよね。でも、そんな都合のいい事はできません。現在借金を抱えているのであれば、少額残高のところは、積極的に返済し完済にもっていきましょう。完済までの余力がなければ、銀行のおまとめローンを利用して月の返済金額を下げるのも方法です。

まずは借金の負担を先に軽くしないと、住宅ローンの申込みをしても残念な結果になる確率が高いものです。優先すべきは借金返済です。まずはそこから取り組むことをおすすめします。

メルマガ登録でCRASの住宅雑誌をゲット!