月収12万円以下でも住宅ローンを申込みたいなら迷わず九州ろうきん

LIFE PLAN

数ある住宅ローンの申込先の中で、やっと「よっしゃここ!!」って決めたのに、なぜか申込みの段階で断られるという事があります。

実は、明記している銀行は少ないんですが、住宅ローンって年収の制限があるんです。

多くの銀行で採用しているのが、年収300万円程度という300万円の壁。

申込金額や銀行によって多少変動はしますが、それでも最低200万円台の年収がないと、審査に通るどころか申込みすらできないのが現状です。

そりゃ年収が問題なくある人はいいですよ。しかし年収200万円ギリギリもしくはそれ以下となると、住宅ローンの申込先すらないって厳しすぎません?

そこで申込先として検討したいのが、九州ろうきん。申込み条件である最低年収のボーダーが150万円とかなりハードルを下げてくれている金融機関なんです。

普通の銀行とろうきんって何が違うの?

同じ金融機関というカテゴリでありながらも、銀行とろうきんって立ち位置が違うんです。

預金や貸付など行っている業務内容は変わらないんですが、銀行は営利団体、つまり利益を追求する金融機関なのに対し、ろうきんは非営利団体ですから利益重視ではなく互いに助け合う「相互扶助」を理念にしているのが大きな違いと言えます。

そのため、ろうきんを利用するにあたって会員以外でもサービスを受ける事は出来ますが、会員になればその分、金利の優遇などの優待があるのも特徴です。

会員は1,000円払えば誰でもなれる

非会員(一般)でも、ろうきんを利用することはできますが、金利優遇面を考えれば、最初に出資して会員になっていた方がお得です。

ちなみに熊本県下で会員になる方法は2つ。

1つは勤務先が九州ろうきんに出資し、加入している労働組合、互助会、共済会などがあってそれに所属しているのならそれでOK。特に手続きは必要ありません。

「いや勤務先にそがんとはなかぞ」という人は、近くの「生活協同組合くまもと」もしくは「グリーンコープ生活協同組合くまもと」に行って、レジの人に「会員になりたいんですけど」って言えばOKです。

出資金として1,000円程度かかりますので事前に準備しておきましょう。普段の買い物からよくコープを活用しているという人であれば、すでに家族が会員である可能性もあるので、一度確認してみるといいでしょう。

九州ろうきんが展開する住宅ローンは7種類

いやもう嘘でしょ?なんで?って思ってしまいますが、九州ろうきんが展開している住宅ローンって7種類もあるんです。

それぞれ特徴や金利も違いますから、まずは基本情報から見てみましょう。

このほか「災害救援住宅ローン」も展開していますので、先の地震で自宅の建て替えが必要な人であれば、この制度を活用した方が通常の住宅ローンよりも、金利を抑えることができます。

さて、種類は多けれど内容が細かく分かれているだけで、大本は同じです。

ポイントは変動金利にするのか固定金利にするのかという点です。「変動金利、今は低いけれど、将来どうなるのか分からないから怖い」って人が大半ですよね。

変動金利でも「どんなに市場の金利が上がっても、ここまでを上限とします」と決めていれば、多少安心できますよ、というのが「上限金利設定型」。

「いやもう早く返したか」という人は、最長25年払いの「全期間固定金利型」がいいでしょう。

ろうきんフラット35は、ろうきんの住宅ローンというよりも、フラット35の窓口をろうきんがしている、というスタンスなのであまり「ろうきんだから」という恩恵は受けません。

「あえて、ろうきん」を選ぶ理由

住宅ローンの申込先となると、やっぱり自然と今まで何かしら使っていた銀行の方が安心じゃないですか。

口座もあるからわざわざ作らなくてもいいし、何より使い勝手も知っているから安心感が違います。

それでも「あえて、ろうきん」とろうきんを住宅ローン申込先にしている人が最近増えつつあります。どのような魅力があるのかを見てみましょう。

魅力1:申込み条件がかなり柔軟

ろうきんが人気である魅力の1つが、申込み条件がかなり柔軟なんです。

先に話したように、まず年収制限が150万円以上である事が挙げられます。これ月収でみれば12万円程度の年収ですよ。それでもOKとするのは懐が広いとしか言いようがありません。

また雇用形態も別に縛りはないです。正社員でも派遣社員でもOK。要は安定継続した収入を得ていれば申込める状態なんです。

また勤務年数も他銀行ですと「3年以上勤務」という設定も珍しくないのですが、九州ろうきんは1年~でOK。勤務年数が短くて、泣く泣く諦めていた人でも1年さえ勤務していれば大丈夫です。

もちろんあくまで「申込み条件が柔軟」というだけで、必ずしも審査に通るという話ではありません。しかし他銀行では、申込み自体できなかった状況を考えると、審査を受けるチャンスがあるだけでも、ありがたいものです。

魅力2:設定金利の月を選べる

通常、設定される金利って契約時の金利なんです。

例えば申込みをしたのが1月(金利0.7%)、契約したのが2月(1.0%)であった場合、適用になるのは2月の1.0%です。

しかし九州ろうきんは、適用金利を申込月、契約月いずれか低い方を選んで大丈夫という好待遇。

申込みや契約のタイミングで1日ずれただけで月をまたぎ、希望していた金利が適用されなかった…という人も少なくないので、これは結構画期的なサービスと言えます。

まとめ

正直、日常生活を送るにあたって、普段そんなにろうきんって活用しないじゃないですか。だから「申込みしてもいいとかな」って不安になってしまいますが、誰でも申込みできるんです。

そのうえで金利を少しでも低くしたいのであれば、先に出資金を支払い会員になった方がお得です。

申込み条件も通常の銀行と比較すると、かなり柔軟なので「ちょっと年収部分で自信がない」「勤務先変わって1年しか経ってないから無理かな」と諦めていた人は、九州ろうきんであれば申込み条件に該当しますよ。じっくりと家族で検討してみてはいかがでしょうか。

メルマガ登録でCRASの住宅雑誌をゲット!