住宅ローンの予算って皆どうやって決めよると?

LIFE PLAN

持ち家を持つって簡単なように思えますが、いざ当事者になると考える事が山積みで脳内がオーバーヒートしちゃいそうになりますよね。最初の山場は予算決め。予算が決まらないと、新築なのか中古にするのかも選択できません。

ここで判断を誤ると、せっかく手に入れた持ち家を手放す事にも繋がる重要な岐路です。

でも予算って言っても、そもそもどう決めるのが正解?

てか、みんなどうやって予算って決めよらすと??

まずは返せる金額から考えてみよう

実際に家を建てた人に話を聞いても、結構それぞれの考え方なんですよね。

なので、あんまり周囲の意見って参考になりません。「じゃあ」とネットの情報や専門誌を見ると「年収の〇倍」とか色々な基準の情報がありますから余計に迷ってしまう事も。

でもここはシンプルに考えるのが一番。

要はいくらまでなら返せるの?って金額から明確にしていきましょう。現在住んでいるのが賃貸であれば現在の家賃を基準にしてみると分かりやすくなります。

でもここで注意したいのが、家賃と同額にしない事。

賃貸であれば家賃さえ払っておけばあとは手出しはありませんが、持ち家は違います。家を管理維持していくお金が別に必要になってくるんです。詳しくはあとで説明しますが、家賃と同じ金額設定で予算組んだら、結局今の家賃よりも1万円~2万円程度金額が上がっちゃいます。

それでは、具体的にどんな金額が住宅ローンとは別に出ていくのか、それによって返済金額はいくらに設定すればいいのかを詳しく見てみましょう。

意外とかかる住宅ローン以外の経費

先に話したように、賃貸であれば家賃を払えばそれ以上何かを請求されることはありませんよね。例えばトイレが水漏れした!!って場合でも大家さんもしくは管理会社に電話すれば、無料で修繕してくれます。

しかし持ち家はそこが違うんです。

まず持ち家を持っているだけで、毎年「固定資産税」という税金が発生します。これが結構デカい。建物によっては優遇措置もあるんですが大体10万円前後のお金がここで吹っ飛びます。そのため毎月チマチマと「固定資産税積み立て貯金」をしておかないといけません。

仮に10万円だとして10万円÷12カ月=8,333円ですね。

またマンションであれば管理費や修繕積立費も別途発生します。

「は?管理費や修繕積立費ってなんね!?」って人は下記の記事も参考になります。

マンションの管理費・修繕積立費ってもったいなくない?

大体これらの支払いで2万円程度飛んでいきます。持ち家であっても今後の修繕費など貯めなきゃいけませんし、外構費用も発生しちゃいます。

なので、今の家賃よりも大体1万円~2万円程度低い返済金額で計算しておいた方がいいんです。

ボーナスがあってもボーナス払いなしの方が安心

勤務先で毎回ボーナスが支給されていたとしても、住宅ローンでボーナス払い併用にするのは少し危険。

確かにボーナス時にドンと支払った方が、月の返済金額を抑える事ができる利点はあります。でも今の会社、本当に定年というか完済予定まで居続けます?

ひょっとしたら何かしらの事情で辞めざるを得ない事も出てくるかもしれません。新しい転職先にはボーナスがなかったらどうします?もちろん銀行に相談して、リスケジュールを立ててもらう事は可能です。

でも人間不思議なもので、毎月の返済金額が低かったころが当たり前に感じてしまうんですよ。単にボーナスで補てんしていただけなのに、なぜか「あんたが転職やらすっけん!」「毎月の住宅ローンの返済がおおごつ!!」って責められる可能性も出てきます。

でも住宅ローンのためだけに今の仕事にしがみつくのも、なんか違うと思いません?

なので、万が一を思えばボーナス払併用は避けておいた方が無難です。ボーナスがあればその分、繰り上げ返済すりゃいいんです。わざわざ最初からボーナスで払います!!って契約は避けておくことをおすすめします。

予算がある程度確定したらどこにいくら使うのかを考える

毎月「まあこのくらいかなあ」という返済金額が出たら、あとはネットにある返済シミュレーションを活用すれば、借入金額がいくらになるかは算出してくれます。

あとはその予算の振り分け作業です。

もう面倒ですよね。イヤになってくる。でもこの振り分けを上手にしておかないと結局、予算オーバーになっちゃうんですよ。なので、ここはしっかりと決めていきましょう。

ちなみに予算分けの項目は

1.土地

2.建物

の優先順位で決めていくと分かりやすいですよ。

「は!?なんで土地?好きな住宅メーカーあるんだけど!!」って人は、ここを参考にしてみましょう。

【予算は限られている】優先すべきは場所?住宅メーカー?

まとめ

予算決めって本当に最初に悩むところですよね。でもここをしっかり明確にしておかないと、方向性もブレてきますし何より今後の生活に大きな影響を与えます。

まずは現在の家賃よりも1万円~2万円低い金額で、借入可能金額を算出してみましょう。そこから希望するエリアの土地は平均いくらなのかを出して、残った差額が建物代に充当できる金額です。

恐らく思ったよりも低い予算になってしまう事かと思います。でもそれでいいんです。新居ハイでどんどん予算あげて結局「支払えない」ってなれば、家は競売にかけられてしまいます。

決まった予算の中でどう家族が満足する家を建てる事ができるのか?を考えるのも意外と楽しいものですよ。

ぜひ参考に。

メルマガ登録でCRASの住宅雑誌をゲット!