三菱UFJ銀行の住宅ローンは実店舗型なのにネット銀行級の低金利

LIFE PLAN

住宅ローンの申込先を検討するにあたり、やっぱりすでに口座を持っている銀行から…と選択する人が多いものです。でも、よく考えれば口座を持っていなくても、申込み自体はできますし、口座を持っていないことで審査が不利になる事もありません。

てことは、別に口座の有無だけで申込先の銀行を決める必要なんてないんです。

それよりも重要なのは金利の低さだったり、ライフプランに応じてくれるかなどのサービスの質じゃありませんか?てことで、熊本に本店はないけれども支店はあるよ!のくくりりで今回は三菱UFJ銀行の住宅ローンがどのような内容なのかをじっくりと見てみましょう!

【この記事は以下に該当する人におすすめです】

  • 住宅ローンは金利優先!でもネット銀行じゃちょっと不安に思っている。
  • 地場銀行にこだわりはない。
  • 長期間にわたって返済するローンなんだからやっぱりメガバンクの方が安心なんじゃ?と思いだした今日この頃。

このような人には特に参考になります。

三菱UFJ銀行住宅ローンの概要

それでは、まず三菱UFJ銀行がどのような内容の住宅ローンを展開しているのか、全体の概要から見てみましょう!通常の店頭窓口で申し込むプランもありますが、今回はさらに便利なネット住宅ローンに絞ってみました。

金利

・変動金利方式

・固定金利選択方式(3年・10年)

申込み条件 1. 年齢が借入時に20歳以上70歳の誕生日まで、完済時に80歳の誕生日までで、保証会社(三菱UFJ住宅ローン保証(株))の保証を受けられるお客さま。
2. 団体信用生命保険にご加入が認められるお客さま(保険料は三菱UFJ銀行が負担)。
3. 同一勤務先に満1年以上勤務されている方で、当行にて給与振込(当行規定による)を利用中であること。
4. 「スーパー普通預金(メインバンク プラス)」および「三菱UFJダイレクト」をご利用中または今後利用できること。
5. 日本国籍、または永住許可等を受けている外国人
返済方法

・元利均等払い

・元金均等払い

保証料 一括支払いもしくは毎月の金利に0.2%上乗せ
手数料関連

保証会社あて事務手数料32,400円(消費税込)

一部返済手数料 ・ネットバンキング…無料
・テレビ窓口…5,400円
・窓口…32,400円
団信 ・三大疾病保障充実タイプ(金利上乗せ型)
・安心の保険料タイプ(保険料支払い型)

 

最初に確認したいのは、やはり申込み条件。

例え収入が高くても、申込条件にあっていなければ即審査落ちです。三菱UFJ銀行で特筆すべき条件は、同一勤務先に満1年以上勤務されている方で、当行にて給与振込(当行規定による)を利用中であること。っていう部分ですね。

勤務年数1年以上で、三菱UFJ銀行に給与振り込みがある事。これが最低条件です。

しかも、よく見れば「当行(三菱UFJ銀行)規定による」って書いてあるんです。気になるじゃないですか。なので電話して問い合わせしてみました。

結果

・申込の段階でまだ給与振り込み指定が別銀行であっても特に問題はないし、審査に影響もない。

・仮審査に通過した時点で変更の依頼をするが、勤務先の都合でどうしても無理だとなれば代替案を提示することもある。

・あんまり気にしなくても大丈夫

って事でした。どうでもいいですが、コールセンターのお姉さんめっちゃ優しかったです。

申込NG項目は8項目

「これされたら申込NGだよ」という項目も存在しますので、併せて確認しましょう。NG項目は以下のとおりです。

1.店頭でのご相談・お申込・ご契約をご希望される場合

2.お申し込みからお借り入れまで1カ月未満の場合

3.勤務先および建築会社、不動産会社との提携ローンをご希望される場合

4.担保提供者でない配偶者等と収入合算をしてお借り入れを検討される場合

5.担保物件が保留地、仮換地の場合 6.海外に居住されている場合

7.建物資金でかつ引渡し前のお借入の場合

8.不動産会社経由で当行住宅ローンのお申込をされている場合

 

気をつけておきたいのが、2と8です。要は1カ月未満で契約まで終わりませんよってことを暗に示しています。また8も要注意です。不動産の営業マンが良かれと経由して申込みをすると申込NGになってしまいます。いらんこつはやめておきましょう。

三菱UFJ銀行ネット住宅ローンで展開している金利一覧

三菱UFJ銀行ネット住宅ローンが展開している金利は、変動金利と固定金利選択型です。固定金利選択型は期間が過ぎれば、変動金利なのか引き続き固定金利なのか選択ができます。ではまず現時点での金利から見てみましょう。

【変動金利】

変動金利 0.525%

 

【固定金利】

固定3年 0.39%
固定10年

0.69%

※2019年4月現在

固定3年で0.39%!?えええええええええええ!!!!!!!!

もうびっくりですよね。変動金利よりも固定3年の方が金利低いんですよ。しかも0.39%。もちろん団信の金額込みの金利です。もうネット銀行並み…いや下手したらネット銀行よりも金利低いんじゃないんですかね。

金利こんだけ低いので、もし今後返済に遅れが出たら、優遇金利はすぐに切られ通常金利(2.94%)が適用されちゃうので、ほんと返済遅れだけはないように心がけておきましょう!

三菱UFJ銀行住宅ローンの特徴

全体像がつかめたら、あとは特徴を確認してみましょう。三菱UFJ銀行住宅ローンの特徴は以下のとおりです。

  1. WEB完結
  2. ATM時間外手数料無料
  3. 住宅ローンに関する諸経費ローンもある

では詳しく見てみましょう!

やったね!自宅にいながら住宅ローンの契約までネットで完了できる

三菱UFJ銀行熊本支店は、熊本市中央区新市街にあります。要は街ですね。多くの銀行で申し込み自体はネットでできるけれども、契約は絶対銀行に行かなきゃいけない!っていうのが、お約束なのですが、三菱UFJ銀行の場合ですと、契約までネットでOKなんです。

これ結構ありがたいサービスなんです。

銀行窓口に行かなければならない=銀行の営業時間内に行かなくてはなりません。つまり平日の真昼間です。

平日勤務している人は確実に休むか遅刻、もしくは早退を余儀なくされます。地味なストレスなんですが、三井住友銀行ネット専用住宅ローンならば契約までネットで完結できます。

ひゃっほう!ATM時間手数料無料

条件さえクリアすれば三菱UFJ銀行三菱UFJ銀行のATMはもちろん提携ATMも時間外手数料が無料になるんです。

【条件】

・スーパー普通預金(メインバンク プラス)
・「三菱UFJダイレクト」のご契約および初回登録(パスワード・Eメールアドレスの登録)が必要

住宅ローンを申し込みした時点で、口座の作成を依頼されるので、そのついでに「三菱ダイレクト」への契約、初回登録を済ませておけば完了です。

ただし提携ATMでの無料回数は3回までですから、注意しておきましょう。

マジか。住宅ローンに関する諸経費もローンに組める

住宅購入に関する諸経費って意外と多いものなんです。

参照URL https://www.bk.mufg.jp/kariru/jutaku/nyumon/kiso/shohiyou.html

 

こんな感じで、次から次へと支払うお金が必要になってきます。すべて貯金で賄えたら一番なんですがその後の新生活もあるので、多少の現金は手元に残しておきたいもの。

そこで便利なのが「諸経費ローン」です。諸経費をすべて三菱UFJ銀行のローンで組めるようになっています。

三菱UFJ銀行ネット専用住宅ローン まとめ

三菱UFJ銀行はとにかく金利が低いの一言に尽きます。

ネット専用住宅ローンですと、ちょっとした疑問も聞きにくい…というイメージがありますが、三菱UFJ銀行の場合であれば専用のフリーダイヤル(0120-860-777)があるので、そこで問い合わせをする事もできるので、バックアップ体制も安心です。

返済は、毎月月末に返済専用の銀行口座から引き落とされます。提携コンビニATMも手続きをすれば手数料無料になるので、コンビニによったついでにATMカードから口座にお金を入金させていれば問題ありません。

住宅ローン申込先の選択肢の1つとして検討されてはいかがでしょうか。

メルマガ登録でCRASの住宅雑誌をゲット!