「持ち家の方が老後は安心」…でも老後費用の蓄えはどうなんの

LIFE PLAN

持ち家か賃貸か論争で、結論が出たように、持ち家にする最大のメリットって大事な人に今と変わらぬ住まいを残してあげられるかどうかなんです。

それだけで終われば単純な話なんですが、今や医学の進歩。人生100年時代な訳ですよ。

ボサッとしてても、うっかり長生きしてしまうんです。

なので「持ち家があるけん老後は家賃払わなくて済むから安心ばい」って話ではありません。年金だけの収入になったとしても、今まで同じような生活水準で暮らしていくために、今できる事とは何なのでしょうか。

年金あるからって余裕なはずがない

老後、夫婦2人で必要になってくるお金って月平均22万円って言われています。

てことは最低でも年金も同等程度なきゃ困ります。ずっと厚生年金かけてたよ!ってご家庭ならばさほど気にする金額でもありませんが、そうではないご家庭だってあるのが現実。

年金をかけていた年数によって受給金額も変わってきますが、必要になるお金が月平均22万なら、最低でも年金の金額は44万円以上なきゃいけません。だって年金って2カ月に1度の支給ですから。

賃貸派であれば、この22万円の中から家賃まで捻出しなきゃいけないんです。持ち家派なら家の維持費が必要です。

てことはやっぱり年金だけじゃ今まで同じ生活水準では生活していけない可能性が出てきます。

しかし事前にその事実に気づけていれば回避できる可能性だってあるんです。具体的にどのような老後設計をしていけばいいのかを見てみましょう。

住宅ローンだけに追われる予算設定よくない

現在、持ち家を検討しているのであればつい目先の「住宅ローン払えるかな」「払えるよね」ばかり気を取られがちですが、貯蓄のことまで念頭に入れておかないといけません。

とはいえ、子供にお金がかかる時であれば、住宅ローンと教育資金でもう手一杯。

その時に「老後の資金まで」に着手できればいいんですが、現実的にはほぼ不可能。でも子供の学費地獄もいずれ終わりがきます。その時に今までの学費資金を老後資金にシフトチェンジすればいいんです。

…てことは、老後になるまで、ずっと住宅ローンの支払いにプラスして何らかの貯金ができるまでの家計管理が必要になってくるって話なんです。

住宅ローンの支払いだけでアップアップしてたら、老後どころか子供の学費も回らなくなってしまいますから、住宅ローンの予算は「払える金額なのか」という点と「住宅ローン払っても貯金できる金額なのか」ここまで考えておいた方が安心です。

ライフプランは都度見直しを

住宅ローンを組むときや、何かしら大きなお金が出ていくときにファイナンシャルプランナーなどを通してライフプランを設計する人も多いものです。しかし、そのライフプランで出た数字はあくまで相談時の数字です。

家族の年齢や収入が変われば、そのプランだって意味をなさなくなるので、少し面倒ではありますが家計を見直す意味でも、ライフプランは都度見直した方がいいでしょう。

年に1度でも細かく見直しをした方が、その分細かく修正できるので大きな失敗や後悔も防ぐことが可能です。

持ち家派が安心して老後を過ごすための3つのポイント

すでに持ち家を持っている人だって「家賃いらんけん楽勝ばい」ってボサーっとしていたらあっという間に年金も底をついてしまいます。

持ち家派が安心して老後を過ごすためには以下の3つのポイントを抑えておくことが重要になってきます。

1.退職金で今後の家の補修などを検討
2.繰上返済頑張る
3.だって老後に楽したい

では、詳しく見てみましょう。

退職金の使い道は慎重に

退職金出たらめっちゃ浮かれますよね。そりゃ今まで頑張ってきた結晶が形になったんですもの。自分へのご褒美って海外旅行でも世界一周でも繰り出したいところです。

でもその前に!今後、家の補修代がかからないように、一部でもいいので退職金を充てて持ち家の修繕費として使いましょう。例えば外壁塗装などのメンテナンス費用もいいでしょう。

とにかく年金のみの収入になったときに「あいたーーす!こら壊れたばい」ってならないように、壊れる前に点検・修理しておくことをおすすめします。

繰上返済頑張る

「退職金でローン完済」という予定を立てているご家庭もある事でしょう。でもできたら、その退職金は今後の家の修繕費に充てておきたいので、できる限り満額給料を貰えている間に、住宅ローンを完済しておきましょう。

そのためには繰上返済を少しずつでも行い、元金を減らしていくことが重要になってきます。

ただ「一部繰り上げ返済には手数料かかる」っていう銀行もあるので、まず手数料の有無を確認し、手数料がかかるなら年に1度だけにするなどの対策も必要になってきます。

とにかく老後のイメージをハッピーに!

住宅ローンに追われ、子供の学費に追われ、やっと終わったと思えば今度は老後資金。もうつらい。これ。

なんでぎゃん金の事ばっか考えなんとかい!!!って腹もたってきますが、それもこれも自分自身があとで楽をするためのものです。ここで「もうよかろ?どぎゃんかなって」と放置していても、手元のお金が勝手に増えることなんてまずありません。

せっかく今まで仕事に子育てにと全力疾走でかけてきたんですから、老後くらいお金の心配をせずに悠々自適に過ごしたいじゃないですか。ジジ友やババ友とキャッキャ遊びたいじゃないですか。

それをするにはまずお金。

お金がなければ遊びにもいけません。なのでつらくなったら「いや…老後私は楽をしたい!だから今!!」と自分を鼓舞するために老後のイメージをハッピーにしてモチベーションアップするのも有効です。

まとめ

なんとなく「持ち家あるけん老後もどがんかなっど」というイメージがあるものですが、雨風しのげる家はあっても、生活が立ち行かなくなる可能性だってあるんです。

そうなればせっかくローンを完済したのに、持ち家を売却せざるを得ない状況になってしまう事も考えられます。そのため今のうちから老後も視野にいれて住宅ローンの予算組などをすることが大切なんです。

自分の将来のために!しっかりと資金計画をたてていきましょう!!

※参照URL シニアガイド https://seniorguide.jp/article/1021310.html

メルマガ登録でCRASの住宅雑誌をゲット!