さあここで住宅ローン保証料について話そうじゃないか

LIFE PLAN

住宅ローンの契約って、賃貸時の契約と違って現金でちょこまか支払わなくちゃいけない費用が多いものなんです。

例えば保証料。まあ1,000円とかなら、あまり気にもならない金額ですが、申込先の銀行によっては30万円~50万円くらいの費用が発生することもザラです。

高いじゃないですか。

もう1円たりとも無駄なお金なんて払いたくないのに、訳のわからんこの保証料とやらに何十万も支払うとか腑に落ちないのもいいとこです。

しかもこの保証料って申込先銀行によっては0円なところもあるんですよ。てことは絶対に必要になるお金じゃないって事??知らなきゃ損する住宅ローン保証料についてここらで真剣に話そうじゃありませんか。

保証料って一体なに

保証料というのは、保証人の代わりになってくれる保証会社へ支払うお金の事です。

昔は住宅ローンでも連帯保証人って必要だったんですが、やっぱトラブルがあったりそもそも頼みにくいってのもあるじゃないですか。賃貸時契約でも同じですよね。「保証人いらんけん保証会社の審査に通らなきゃいけない」ってやつ。

あれと同じです。

てことは保証人さえ用意できりゃ免れる支払いなんでしょうか?詳しく見てみましょう。

保証人をつけても費用は発生する

結論から言えば、保証人を準備したとしても保証料金は変わらず発生します。

なので、先走って「保証人!ほら準備したですもんね!!」って言っても「そうですか。でも必要ないんですよ」と、そっと諭されて終わりです。契約内容や申込者の状況によっては、保証会社とは別に保証人を準備してほしいと言われることだって珍しくありません。

その場合でも、保証料金を徴収している銀行であれば、保証料金を支払わなくちゃいけません。

保証会社って料金とってまで何の仕事してくれんの

保証人をつけようがつけまいが絶対に支払わなきゃいけないのであれば、さぞかし値段相応の働きをしてくれるんでしょうねえ。と姑目線で見てしまいますが、賃貸時と大きく違うのは、1回程度の遅れじゃ住宅ローン支払いの保証はしてくれません。

賃貸ならば引き落とし日に入金がなければ、即座に保証会社が代わりに支払いをしてくれることが多いものです。

しかし、住宅ローンの保証会社は、支払いが遅れていようが基本スルーです。

はあああ?????ってなっちゃいますよね。50万円近く払ってんのに、一番出て欲しいところで控えめて。どんだけシャイなんだ。じゃ何のために存在してるんですかって話です。

それでは保証会社がどのような仕事をしているのかを見てみましょう。

長期延滞になれば銀行へ住宅ローン残債を一括返済

人間ですもの。1度や2度うっかりで支払い忘れになる事もあるでしょう。

もし住宅ローンで延滞してしまった場合には、まず借入先の銀行から状況確認の電話連絡が入ります。そこで「あああ!!うっかりしてました!!」って正直に言えばOKです。「どんだけうっかりなんですか」など、ののしられることはありません。

次回の入金日を伝え、約束どおりに入金すればそれで完了です。

しかしそれでも返済をしなければ3カ月~6カ月程度の遅れで、やっと保証会社が腰をあげます。

借入先の銀行に対し、残債(残りの借金)分を一括返済するのです。ここで借入先への借金はなくなります。その後は一括返済してくれた保証会社に対し返済請求が入ります。基本は一括請求です。

ややこしい話になるので、ざっくりと言いますが、要はもう分割で支払える権利がなくなっちゃったんです。滞納し続けたことで。自らその権利を棒に振ったんですから、一括請求されても文句は言えません。(期限の利益の損失)

※詳しい住宅ローン滞納について知りたい場合には以下の記事が参考になります。

もし住宅ローンが支払えなくなったらどうなると?一家路頭に迷うの巻?

住宅ローンの審査

最終的に、保証会社が借金を返済するんですから「いやだったら返済するうちが審査するわ」ってなるのも自然なものです。

てことで、銀行住宅ローンの審査って、実は銀行内部の人がしているんじゃなくて保証会社の人がしています。「本当にこの人に貸して大丈夫かいな」って視点から見るので、とにかく貸したい銀行よりも審査は厳しくなってきます。

カードローンなどとは違い、貸す金額の桁も違えば、返済期間も違うのですから、いくら住宅を抵当に入れるっていっても、審査は決して甘いものではありません。

銀行としても、契約者がもし滞納しても審査した保証会社が返済してくれるわ、そもそもの審査もしてくれるわで結構WIN-WINな関係なんですね。なので、いくら保証人つけるけん保証会社外してくれって言っても、銀行からすればリスクしかないわけです。

なので、その話は通らないという理屈に繋がります。

絶対に絶対に保証料て払わなきゃいかんの?

すべての銀行で必ず保証料を払わなきゃいけないって訳ではありません。

確かにどこの銀行も、必ず保証会社はついています。でも料金とるかとらないかって各銀行の裁量によるんですよ。なので、絶対に支払いたくない!!って人は、最初から保証料0円にしている銀行に申込めばいいだけです。

でも保証料は0円でも、事務手数料がバカ高だったり、金利が高かったりしてトータルで見れば、あまり変わらない…って事も珍しくはありませんので、その点は慎重に検討していくことをおすすめします。

まとめ

住宅ローンの保証料金って案外バカにできないほどの金額なんです。

正直もったいなく感じますが、保証料金0円の銀行でもよくよく考えないと、トータル支払いあんまり変わらないっていう事態にもなりがちです。なので、あまりその部分に固執するよりも全体のバランスを考慮したうえで、住宅ローンの申込先を検討してみてはいかがでしょうか。

メルマガ登録でCRASの住宅雑誌をゲット!