中古物件をリノベーションして住むという選択肢。でも予算ってよく分からなくない?

LIFE PLAN

最近は中古物件を購入し、家族のライフスタイルにあわせたオンリーワンなリノベーションという選択肢も一般的になってきましたよね。

しかし新築と大きく異なるのが、どの予算でどの程度のリノベーションができるの?と、先の絵が見えにくいということ。

そこで今回、リノベーション施工も行っている銀杏開発に中古物件を購入し、リノベーション施工する際の注意事項や予算について聞いてみました!

気になるリノベ予算の組み方

今回お話を伺ったのは、リノベーション施工を行っている銀杏開発の大田黒さん。

ーリノベの予算って検討がつきません。

そうですね。リノベーションって意外と、事前に「必ずこの予算で」って明確に決めている人の方が少ないものですよ。

ーえっでも予算決めなきゃ天井知らずな金額になりません?

もちろん事前に「中古物件購入とリノベでトータルこのくらい」って予算は、おおかた決めている人もいます。しかし、希望どおりのエリアに希望どおりの物件価格が売りに出ているとは限りませんから。

先にヒアリングをさせていただいたうえで、いくら住宅ローンを組むのか?という考え方ではなく、「月どのくらいの金額ならば支払い可能か?」で計算をさせていただくことも多いですね。

そのうえで、希望エリアで条件にあう物件を探していくのが一般的です。

ーなるほど。今の家賃と変わらない支払い金額でってことで。

今の家賃もしくはそれ以下、という方の方が多い印象です。そこさえ明確ならば予算の計算はできますよ。

戸建てとマンションのリノベ平均金額を聞いてみた

めちゃくちゃPCをカチャカチャしてる

ー戸建てもしくはマンションを購入してリノベーションをする場合、平均予算ってどのくらいですか?

どの程度の修復、またはどのような造りにするのかでも変わってきますが…平均すると弊社施工で戸建て2,200万円~2,500万円。マンションならば2、000万円程度ですかね。

ーけして「お得!!」という金額ではないような…

ほんとあくまで平均ですから。ご予算に応じた金額で大丈夫ですよ。

みんなどんなリノベしてるの?

ー安くはない金額だからこそどんなリノベになるのか不安に…

じゃ今までの施工事例をご紹介しますね。まずは共通事項から。

水回りはマンション戸建てに関わらずフルで交換します。

次に戸建て。

戸建てであればこのように、元のキッチンを移動することも可能です。マンションの場合は施工が制限されてしまう場合もあるので、ご購入を検討しているマンションは一緒に下見に行き、施工の有無を先に判断します。

靴の収納場所を確保したいときには、このように増設したり…

一見デメリットに思えるデッドゾーンは、デスクワークができるワークスペースに活用することもご提案できます。

ーほー!すごい!!

続いてマンションですが、先に話したように戸建てと比較すると、施工に制限が出てくる場合もあるのですが

キッチン横に小上がり和室をもうけることで、空間を上手に利用したり

フルリノベーションで思い切って開放的なリビングに仕上げることは問題ありません。

ーすごい!!

いったんこのようにスケルトンの状態にしますので

どんなスタイルにするのかは思いのままですね。

不動産会社ではどんなリノベができるのか判断できない

ー購入段階でどんなリノベになるのか想像つかないので、どんな物件を購入していいのか迷いが出てきます。

新築と違って明確なモデルハウスもないですから、そこで迷われる方も少なくありませんね。

ー物件を案内してくれた不動産会社の人に「どんなリノベができますか?」って聞けばいいんですか?

いや管轄というか…不動産会社のお仕事は家を売ることですから、その後どのようなリノベができるのかってわからないと思います。また、先に話したように特にマンションは管理規約や躯体などで、できるリノベとできないリノベって出てくるんですね。

購入したあとに「これはできません」ってことを防ぐ意味でも、物件の下見段階から我々のような業者を同行させることをおすすめします!

ー購入に至らなかったら申し訳ない

そんなこと気にする方がダメ!大きな買い物なんですから、業者も上手に活用していきましょう!いつでもお待ちしてます!

まとめ

リノベって憧れますが、新築とは異なりどの程度の金額で、どのようなリノベができるのか明確ではない分、少しハードルが高くなるようにも感じますよね。

しかし、やはり餅は餅屋。

購入したあとに「しまった…」と後悔するよりも、専門家に同行してもらった方が安心です。「リノベまでは考えてないけど…」という方でも相談すると新たな方向性がみえてくるかもしれませんよ。

購入前に様々な角度から検討し、後悔のない家づくり、家探しをしていきましょう!

メルマガ登録でCRASの住宅雑誌をゲット!