フリーランスじゃ持ち家なんて無理…申込をする前にできる4つの事

LIFE PLAN

「持ち家欲しいけど絶対住宅ローンやらとおらんけん」ってフリーランスや自営業、個人事業主なら誰しも考えることですよね。

確かに会社員と比較した場合、審査が厳しめの傾向になるのは間違いありません。でも、絶対に住宅ローン審査に通らない訳ではないんです。住宅ローン審査が通ったフリーランスが住宅ローンに申込みする前にやっていたのは4つの共通点。

一体どのような内容なのでしょうか。詳しく見てみましょう!

共通点1:収入の安定化

住宅ローンはカードローンなどと比較しても、圧倒的に借りる金額が大きいもの。

だからこそ余計に貸す銀行としても「ちょマジで返せんの?」ってところを重きにおくんです。社会的な地位じゃなく、いかに安定した収入を得ているのかという点がポイント。

なので、フリーランスの人が住宅ローンを申し込もう!って思って即時に申込みをしても、すぐに玉砕するのがここなんです。

住宅ローンを通している猛者たちは、最低でも3回の確定申告分の収入を安定させてから申込みをしています。銀行としても、そっちの方が判断しやすいんですよね。いくら収入金額が結構あったとしても、フリーランスなんですからいつ仕事がなくなるのか分からないじゃないですか。

でも最低でも過去3年、平均してこの程度の収入はコンスタントにあるんだなって材料があった方が、審査がしやすくなるもんです。

共通点2:税金はしっかりと遅延なく払う

銀行に提出する書類の1つに「納税証明書」が挙げられます。これはもう読んで字のごとく、いくら納税してんの?って証明書です。

フリーランスに限らず税金納めてない事が判明した時点で、審査落ちの原因になっちゃいますから、税金はしっかりと!遅延なく支払う事が審査通過へ近道と言えます。

共通点3:取引がある銀行を選ぶ

全く付き合ったことがない一見の銀行を選ぶよりも、今まで何らかの形で取引がある銀行をセレクトしたほうがいいでしょう。

先に話した収入の安定化に繋がるんですが、フリーランスって本当に明日どうなるのか分からないものじゃないですか。どんなに収入を得ていたとしても、安定性という部分が欠けてしまうんです。

ただでさえ不安定な立ち位置なのに、全く知らないフリーランスが突然「家買うからお金貸して」って来ても、そりゃ構えてしまうのも当然です。

なので、できるだけ今まで仕事で付き合いのある銀行を選ぶこと、また可能ならその銀行で定期預金などがあれば、なおヨシです。

共通点4:個人情報を悪化させない

フリーランスでNO借金の人ってかなりの少数派です。ほとんどの人が何らかの形で借入れがあるんですから、もうこの際、借金の有無なんてどうでもいいのです。なぜなら銀行もそんなことわかっているので、今更「借金があると審査が云々」なんて微々たる話です。

問題はこれ以上の借金金額は増やさないこと、そして何より返済を遅れない事。この2点が重要になってきます。

支払は取引先の信用問題にも直結しちゃいますからね。誰も守ってくれないフリーランスだからこそ、支払いだけはクリーンにしておきましょう。

まとめ

フリーランスで住宅ローンを通過させるためには、

  • 収入の安定化
  • 税金はしっかりと遅延なく払う
  • 取引がある銀行を選ぶ
  • 個人情報を悪化させない

 

この4つは絶対に死守しておきましょう!それでも予算にちょっと問題が…となれば、新築ではなく中古物件まで視野を広げてみるのも方法ですよ。ぜひ参考に。

メルマガ登録でCRASの住宅雑誌をゲット!