最近ZEH(ゼロエネルギーハウス)が良いって聞くけどお高いんでしょ?

LIFE PLAN

最近、ZEH(ゼッチ)ってよく聞きません?Zero Energy Houseの略で、高気密高断熱で省エネしたり、太陽光パネル乗っけて自家発電したりして電気やらなんやらのエネルギー消費量の収支をゼロにしちゃいますって家です。

正直訳が分からんって話ですよ。電気代もかからんし、自然にも優しい「なんさまよか家」とはふんわりと分かるものの、いいやつは高いんです。

だからいくら良くても簡単にZEHにしようなんて思えないですよね。

だったら補助金。

でも補助金はごちゃごちゃしててよう分からん!!

という訳で、住宅を建てる際に使えるお得な補助金をありえの家」代表、有江竜児社長に色々聞いてみました!

なんか知らんがよか家にはアルファベットがよく付く

一時期、住宅業界では「長期優良住宅が長い目で見てコスパよし」ってことで、長期優良住宅推しだったんですが、その後突然に現れたのが「ZEH(ゼッチ)」。

「なんの事かはさっぱり分からんけど、CMなどで見聞きしたことくらいはある」という人も多いことでしょう。

で、やっとその「ZEH」が馴染んできたなと思いきや、今度は…

 

「おっす!おらZEH+(ゼッチプラス)!」

「私はZEH最高上位のLCCM…私の戦闘能力は53万です…ですが、もちろんフルパワーであなたと戦う気はありませんからご心配なく…」って、突然最高クラスも現れちゃって、もうどうしていいのやらですよ。

よく分からないことは、それを施工している会社に聞けば話が早い。そう思いZEHの肝である高気密高断熱に定評のある熊本市にある「ありえの家」に聞きに行ってきました。

ありえの家代表有江竜児社長に聞いてみた

ーもう世の中ゼッチてろZEH+てろ様々なアルファベットばかりでよく分かりません。

そうですよね。ではまずZEHとは何か?から解消していきましょうか。ZEHはざっくりと言えば、省エネの家ですね。エアコンに頼らなくても夏涼しく、冬温かい、そんな造りになっているので、電気代をおさえることができる。

そのうえ、太陽光発電も載せているので、消費する電力はそれでまかなえる。

ーいわば、家の自給自足的な?

ですね。そんな感じでOKです。で、ZEH+ってのは、もうその名の通りZEHよりも更にって感じのやつ。LCCMがとりあえず最高上位だけど、九州でそもそもLCCM作れる技術持っているところって5企業あるかないか…くらいの話ですね。2050年基準のやつなんで。

ー2050年。未来の基準を今作るのがLCCM。ところで熊本でそのLCCMで建てている家ってあるんですか?

ちょっと僕は聞いたことないな…。「ZEH+」ならば弊社で現在施工中ですが。

ーマジすか

マジっす。ほんとはLCCMでやりたかったんですけどね。やっぱり色々大変なので最終的にZEH+で落ち着きました。荒尾に建設中です。

実はどこの会社に頼むかで使える補助金が変わる

ーいい家は高い。だから補助金使わなきゃだなって思うのですが、その補助金もよく分かりません。

めっちゃ身振り手振りで教えてくれる有江社長

 

分かりにくいですよねー。しかも補助金ってどこの住宅メーカーでも使えるものと、そうではないものとでも分かれるんですよ。

どこの住宅メーカーでもOKな補助金 指定の住宅メーカーでないと使えない補助金
・次世代ポイント制度(増税)
・エネファーム設置補助金
・住まい給付金
・市町村住宅関連支援制度
・地域型グリーン化事業(上限140万円)
・ZEH補助金(70万円)
・LCCM(上限125万)

 

特に気を付けたいのが「地域型グリーン化事業」の補助金ですね。これは住宅メーカーが事前に「いやうちやりますんで、補助金の枠ください!!」って申請しないともらえないやつなんです。

しかも無限に使える訳でもなくて「じゃあなたのとこは3枠ね」って、枠も限定されるんですよ。

ちなみに、うちはあと1枠持っているんですが、もちろん先着順なのでその最後の1枠が埋まれば、仮にうちで建てても地域型グリーン化事業の補助金は使えません。

ーそれってどうしたら分かるんですか?

もう直球で聞いちゃって問題ないですよ。契約する前に「グリーン化事業の補助金を使いたいけど、御社では枠を持っていますか?」って。

ー聞きにくくないです?

なんでよ!?聞くしかないもん!!(笑)

どのみちZEHやZEH+で建てるんなら、事前に言わなきゃだもん!ついでに聞きゃいいじゃん。それで怒るとこなんてないよ!!(笑)ちなみにグリーン化は中小企業向けのやつだから、大手のハウスメーカーはそもそも枠もってないからね。

そこだけは注意しといてください。

ーなるほど。なんとなく分かりました。

なんとなくかい!!

まあいいよ、最初からすべてを理解ってなかなか難しいし、逆に理解する必要もない。問題はメーカー側がきちんと把握してお伝えすることですから。もし「ここどうなの?」「この補助金意味わかんない」って方がいれば、他社分でもかまいません。いつでもお電話ください。

ーありがとうございました!

まとめ

補助金といっても国がしているものや居住している市区町村独自、またこれから作る仕様で変わってきたりとまーややこしい。

でも大事なお金のことですから、ここは「聞きにくいな」と思っても、ガンガン聞いて全く問題なしです!お忙しい中、対応してくださった有江社長、ありがとうございました!

メルマガ登録でCRASの住宅雑誌をゲット!