家賃補助なくしてまで持ち家って必要なの?

LIFE PLAN

勤務先によって、福利厚生の一環として出るのが「家賃補助」。

これほんとありがたいですよね!だって支払っている家賃よりも、ハイクオリティなマンションやアパートで暮らせるんですよ。最高。

しかし、この補助が未来永劫ある訳ではありません。

そう。なくなってしまった場合が問題。仮に定年までずーーっと保障されたとしても、じゃ定年したらどうなるんだって話です。

また家族が増えれば「今のところじゃちょっと…」という問題も出てくることでしょう。しかし、持ち家となれば家賃補助がなくなってしまうため、二の足を踏んでしまいます。

このまま補助ありきで賃貸住宅に住み続けた方がいい?それとも持ち家?

どちらがいいのか、それぞれのメリット・デメリットを見て検討してみましょう!

家賃補助以上にお得な持ち家のメリット

一般的に家賃保証は、賃貸のみに設定されているケースが多いもの。平均月1万円~2万円ほどの補助ですから、正直これがなくなるのはツライとしか言いようがありません。

でもよく考えれば、これって単純に支払い金額だけでの考えですよね。

もっと多角的な角度から、まずは家賃補助がなくなったとしても持ち家を選択するメリットは何なのかを見てみましょう。

同じ金額で自己資産になるかならないか

現在の支払っている家賃と、住宅ローンの月の支払い金額を同額にしたとすれば、お金を支払ったあとに「何が残るのか」が変わってきます。

賃貸はおいくら支払っても自分の所有物にはなりません。

もちろん転勤が多く、さほど持ち家にはこだわっていない、という人ならばそれでもいいでしょう。しかし子供がいる、というご家庭ならば「この子たちが大きくなって、いつでも帰ってこれる実家を作ってあげたい」と思う気持ちも出てきます。

持ち家で、なおかつ現在の家賃と同程度のローン支払いに設定すれば、さほど生活水準を変えることなく、完済後には家が自己所有物となるのです。

資産としても残せますから、残された家族に対するプレゼントという考え方もできるでしょう。

家族のライフスタイルにあった間取りにできる

賃貸はどうしても部屋の広さや間取りに、自分たちを合わせないといけません

何度か引っ越しを経験している人ならばわかるのが、暮らしているとわかる「以外とここ使いにくい」という箇所。賃貸ならばそれで「仕方ないか」と諦めるほかありませんが、持ち家であれば自由自在。

細かすぎる例えですが、持ち家ならば壁に遠慮なく押しピンもズバズバ刺せるんです。

自分の家なんですから、原状回復の義務だってありません。暮らしながらDIYしたってOKという自由さは得られるでしょう。

定年時の住処が確保できる

先に話したように、家賃補助はあくまで現在の勤務先の福利厚生の一環。

つまり今の会社を辞めてしまえばその補助なんてなくなるのです。どうにか定年まで貰えたとしても、問題はその先。

定年して今後は年金のみの収入となるのに、家賃補助がないんですから今までよりも家賃の支払い金額は増えます。また社宅扱いであれば、引っ越しも検討しなくてはならないでしょう。

持ち家でローンも完済している状態ならば、今までと何ら変わらない環境で穏やかに生活できます。

家賃補助がなくなるだけでない持ち家デメリット

家賃補助を蹴ってまでも持ち家にするメリットをお話しましたが、何事も光があれば影がある。

デメリット部分ももちろん出てきますので、しっかりとここも検討していきましょう!

月の支出金額が高くなる可能性も

最初は「住宅ローンの支払いは、今の手出し家賃と同額で」と考えるものなんですよ。皆。

しかしいくつか物件やモデルハウスを見学すれば「…あれ?あと1万ローンの支払いを上乗せすればまだいい家になるな」「2万上乗せか…いや、補助されていなかったら結局この金額を家賃として支払っていたんだし、いけるっちゃいける…?」と、どんどん予算があがっていくもんなんですよ。

結局、家賃補助を受けていた時よりも、月の支出金額が上がる=住宅ローンの支払いが上がることにもなりかねません。

固定資産税など、別途費用も発生

賃貸であれば家賃のみを支払えばそれでOKだったんですが、持ち家となれば固定資産税や、修繕見積もり費用、マンションであれば管理費など、住宅ローン以外の支出も発生します

いくらローン返済金額を、現在の家賃と同等にしていても年間支出は上がる…ということも珍しくありません。

迷ったときにはプロに家計診断を!

 

デメリット部分に共通するのは、支出金額が今より上がってしまう可能性があるということ。

金額だけで考えれば、現状のままでもいい気がしますが、それ以上の価値を求めるのであれば持ち家。でも初めての事ですから、見積もり金額で出してもらった数字が、本当に適正なのか。また問題なく今後も支払っていけるのか分かりにくいものですよね。

迷った時には、無料で相談できる「みらいコンシェルジュ」の家計相談がおすすめ。

ファイナンシャルプランナーがプロの目で、本当にその支払い金額で大丈夫なのか相談に乗ってくれますよ。ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

 

メルマガ登録でCRASの住宅雑誌をゲット!