注文住宅と建売住宅の違いって?やっぱり注文住宅がいい?

LIFE PLAN

注文住宅と建売住宅。

何となく注文住宅に憧れるけど、そもそもどんな違いがあるのか分からなかったりしませんか?

「注文住宅の方がかっこいいし、希望通りのものになりそうだけど高そう!」みたいなイメージですよね。

実際のところ注文住宅と建売住宅ってどんな違いがあるの?やっぱり注文住宅の方がいいの?という点について考えてみましょう。

注文住宅のメリットとデメリット


注文住宅は、工務店やハウスメーカー、設計事務所などに依頼して、希望の家を建てる一戸建て。
希望するエリアに土地を探したり、もともと持っている土地に建てたりします。

メリット

・間取りや素材など、家族の好みやこだわりに合う住まいになる
・希望する工法、設備を取り入れた設計にできる
・土地と建物が別々なので好きな場所に建てられる
・工事中の様子を見に行き、確認できる

デメリット

・土地探し、設計、仕様決めなどに手間がかかる
・実際に住めるまでに時間がかかる
・ローンなどの手続きがややこしく、つなぎ融資が必要になることがある
・こだわりを全部実現しようとすると予算オーバーしがち

建売住宅のメリットとデメリット

建売住宅は、初めから土地とセットで売られている新築の一戸建て。
まだ工事をしている途中に売られていることもあれば、完成した家が販売されるケースも。
どちらの場合も、売主(不動産会社)が決めた間取り、決めた仕様で建てられます。

メリット

・設計の細かな打ち合わせなどの手間がかからない
・入居までの期間が短く、すぐに住めることもある
・契約から入居までの手続きが簡単
・完成後に分譲されている物件なら、実物を見てから購入できる

デメリット

・間取りや仕様などがあらかじめ決められていて選択肢が少ない
・隣近所とよく似た建物になってしまう可能性がある
・土地と建物がセットのため、好きな土地に建てることができない
・注文住宅組に謎のマウントを取られがち

やっぱり注文住宅の方が高いんでしょ?


コスト面では、注文住宅で夢やこだわりをすべて実現させれば予算オーバーしがち。

建築家や設計事務所に設計をお願いすると、デザイン性の高い個性的な家も作れる反面、設計費用が高くついてしまうこともあります。

ただし注文住宅でもこだわりがなければ、さまざまな工夫で安くできます。
外観を正方形に近いシンプルな形にする、キッチンやお風呂などの水回りを一か所に集める、部屋数を少なくするなど、一般的にはできるだけシンプルな作りにするほど安くすみます。

そのため、注文住宅は絶対に建売より高い!とも言い切れません。

手続きは何か違いがある?


お金の面では、手続きの複雑さにも要注意。たいていの場合、建売住宅の方が手続きが簡単です。

先に土地を購入し、その後しばらくして注文住宅を建てると先に土地代の支払いが必要になり、一度にローンを組めないケースも。

また、住宅ローンは引き渡しの際に融資(=銀行からお金が支払われる)されますが、注文住宅は引き渡しまでに何度かまとまった支払いをすることが多いもの。

工事が始まる時の着工金や着手金、上棟時の中間金などを払うのが一般的です。

そのため、その分の手元資金を用意しておくか「つなぎ融資」を利用するなどの対策が必要になることも。

建売住宅の場合は手続きがシンプルです。
契約の際に手付金を支払ったら、後は土地+建物を合わせた住宅ローンを組めばOKの場合がほとんど。マンションや中古住宅の購入と同じようなイメージです。

で、結局どっちがいいの?


手間をかけてでも、絶対に実現したいこだわりがある人は注文住宅が良いでしょう。
また、2世帯住宅や店舗兼住宅なども建売はほとんどないので、注文住宅になります。

それほどこだわりはなく、いくつか設定された中から選ぶくらいでOKという人は建売で希望に合うものを探してみると良いでしょう。
来年の小学校入学までに引っ越したいなど、早めに住みたい人も建売住宅がおすすめです。

このように、注文住宅と建売住宅のどちらが良いかは人それぞれ。

ゆずれない夢やこだわりがある人は、手間ひまを惜しまず、じっくり作っていく注文住宅を。
希望に合う建売が見つかった人は、注文住宅組からの謎のマウンティングにもひるまず建売住宅を。

我が家にはどちらが合うのか、家族ともよく相談してみてくださいね!

メルマガ登録でCRASの住宅雑誌をゲット!