転職してると住宅ローンは組めないってホント?

LIFE PLAN

転職した人は住宅ローンに通らないかもしれない、という都市伝説。聞いたことがありませんか。

新卒から定年までひとつの会社に勤めている人のほうが少ないんじゃ?という時代。

転職だけが原因で住宅ローンがまったく組めない、ということはありません。

でも、完全にデマ、とも言い切れないのがローン審査のややこしいところなんです。

転職していると住宅ローンが借りられないことってあるの?


住宅ローンを申し込む時に最初に立ちはだかる壁が「仮審査」(事前審査)です。まずはこの仮審査をクリアしなければなりません。

正式な申し込みの前に行われる「本審査」よりも簡易的な審査とは言え、あっさり落とされてしまうケースもあります。

ローン審査に通らなかった時、「ここがダメだから」と理由を教えてもらえるのはレアケース。
「総合的判断により」という理由で断られることが圧倒的に多いんです。転職がネックになっているかどうかは分かりません。

審査項目は金融機関ごとに違います。建てる物件に関する項目のほか、借りる人に関する項目として

・収入(年収)
・職業と雇用形態
・借入状況(クレジットカード、車のローン、キャッシングなど)
・ローン完済時の年齢
・勤続年数

などが一般的には対象になっています。

転職がネックになる可能性があるのは「勤続年数」の部分。過去1、2年のうちに転職していると、安定した就業ができていないと見なされることがあります。
返済できる収入があり、ほかに借金やローンはない。住宅メーカーの営業さんからもたぶん大丈夫と言われていたのに、なぜか仮審査に通らなかった!という場合は、転職歴を不安視されてしまったのかもしれません。

「職務経歴書」の提出を求められたら、ワンチャンあるかも!?

仮審査の段階で完全に否決されてしまった場合は、さくっと気持ちを切りかえて別の金融機関にあたるのが良いでしょう。
同じ条件でも、別の銀行の仮審査にはあっさり通るケースもあるんです。

一方で、金融機関から追加書類を頼まれた場合はチャンスかも。

「職務経歴書」の提出を求められた場合は、勤続年数の短さが大きなネックになっている可能性があります。
転職の経緯や現在の勤務状況をくわしく説明することで、クリアできるかもしれません。

転職の回数が少ない場合や、同業種でのスキルアップ・キャリアアップを求めての転職の場合は、マイナス評価をひっくり返すチャンスがあります。
(逆に言うと、短い期間で異業種への転職をくり返している場合などは、残念ながら厳しい評価になりがちです。)

これまでの経験を生かした、前向きな転職であることをアピールできる職務経歴書を作りましょう。
現在の職場に入って役職がついた、昇進や昇給があった場合はしっかり記入。これからもずっと同じ職場で働き続けたい!という意欲も示しておきたいところです。

こんな内容を書けば絶対に有利!という項目はありませんが、わざわざ書類を出すからにはしっかりアピールしたいもの。プラス評価になりそうなことを工夫して書いてみましょう。
承認、あるいは頭金を増やすなどの条件つきで承認になるケースもありますよ!

フラット35を使うのも手です


希望の銀行で仮審査が通らなかった場合、フラット35を選んでみるのも手です。

フラット35は、住宅金融支援機構という独立行政法人が取り扱う住宅ローン。テレビCMで見たことある!という人も多いかもしれません。

このフラット35の特徴のひとつが、勤続年数の要件がないこと。転職したばかりでも、それが原因で仮審査に落とされる心配は無用です。

ただし、フラット35が設定している条件に合う一戸建てでなければローンを組めません。
床面積や構造などについて定められた基準を満たす必要があります。フラット35の利用を考えていることを、早めに住宅メーカーへ伝えておきましょう。

転職だけで住宅ローンをあきらめないで!

転職がすっかり一般的になった現代。会社がなくなったり、支店が閉鎖されたりして職を失うことだって珍しくありません。
金融機関も、以前ほど勤続年数にこだわらなくなってきているとも言われます。

転職しているから住宅ローンは無理!と初めからあきらめるのはもったいない。

メガバンクや普段使っている銀行だけでなく、信用金庫やろうきん、フラット35など、さまざまな金融機関があります。
頭金を増やせばOKなどの条件つきで、ローンが承認されるケースもよくあります。

必要な書類をそろえて、チャレンジしてみると良いかもしれません!

メルマガ登録でCRASの住宅雑誌をゲット!