その手があったか!! 日々の収納プチストレスはこれで解決!

SPECIAL

収納スペースはもはや誰にも見せられない…。

収納場所に収納グッズが山のようにあって、もはや何がなんだか…。

多くの人が抱えるジレンマですよね。

収納スペースやグッズがたくさんあれば、キレイに物が収まるという事はありません。収納スペースが広ければその分物があふれるのみです。ポイントはいかにストレスなく片付けが楽になるのかという点。

人様に言うほどでもないけど、地味にイライラする収納のプチストレスはこれで解消!

そうきたか…!押し入れの棚に引き出し

施行実例 出田建築工房

押し入れに小物を入れても、広さがあるゆえに使いにくいものですよね。そして、結局押し入れの中に収納ケースを入れるという、もう収納ON収納ってよく意味が分からないことになりがち。

でも押し入れの棚部分に引き出しをつければ一挙解決!!ストック品や文具を入れられるサイズなので、これはかなり便利そう。

布団派はガバッと開く扉でないとストレスがたまる

施行実例 出田建築工房

和室の押し入れは、襖があって上下に分かれていて…というのが特徴。でも実際使ってみると意外に布団の上げ下ろしに苦労する高さだったりします。

面倒なので結局、布団を敷きっぱなしというご家庭も多いのでは。

それならもう上下の棚を撤去!押し入れでありながらクローゼットとしても機能しますし、布団もそのままズサーっと押し入れに入れておくことができますよ。

回遊式の階段下収納って便利

施行実例 エーエスライジング

階段下にちょっとした収納スペースを作る“階段下収納”は、もはや珍しくはありませんが、どれも大人が入るには微妙に狭いんですよね…。

入ったはいいけれども今度は出にくい。というプチストレスを解消するならば、いっそのこと回遊式にチェンジ。キッチン側に大人がしゃがまずに入れる高さの扉をつけておくだけで、行き来が楽になりますよ。

家族が集うダイニングスペースに収納を集約

施行実例 オクタス

家族が集う場所といえばリビング。そのリビングに併設されているダイニング部分を見落としていませんか?食事をする場所だけならもったいない!

ダイニングにオープン式の収納スペースを集約すれば、家族も何がどこにあると分かりやすくなりますよ。

まとめ

収納スペースを広く確保するよりも、いかに家族全員が片付けしやすい空間を作る事を考えたほうがストレスから解消されます。

またママ1人だけが場所を知っている収納方法では、家族も覚えらず結果ママ1人だけがまた片付けるという悪循環に。もっとシンプルに皆が簡単にできる方法を見つけていきましょう!ぜひ家づくりをする際の参考に!

メルマガ登録でCRASの住宅雑誌をゲット!