落ち着きと趣を取り入れた和モダンの家

SPECIAL

今や色々なテイストの家がありますが、やっぱり落ち着くのは和の家。でも、まんま正当和風建築じゃちょっと違う…。そういった層に人気なのが、和モダン。

落ち着いた和テイストの中に、ほんの少しモダンなスパイスをいれるだけで、使い勝手のいいスタイルに変貌します。

襖の赤が差し色に

施行例 一条工務店

目にすぐに飛び込んでくるのは、襖のカラー。赤よりも朱色に近いので、和風建築にもスッと馴染みやすく、悪目立ちしません。どうしても「和」となると、カラーがシックになりがちですから、こういったポイントで遊び心を出すと素敵ですよね。

寝室はゆっくりとくつろげる空間に

施行実例 セキスイハイム

主寝室は一日の疲れをとる大事な空間。巾木や窓枠などを濃いブラウンにすることで重厚感が生まれます。

しかし特筆すべきは、部屋の真ん中にあるスライディングウォール。夫婦の就寝時間が違っても、個々の眠りを妨げることもありません。

格子状の扉で自宅居酒屋オープン

施行事例 セキスイハイム

リビング続きの小上がり和室に、格子状の扉を設置。雰囲気がいいので、自宅で居酒屋風メニューを作り、こちらでいただくと、より宅飲みも楽しくなりそうですよね。

何かと使えるフラット和室

施行事例 熊本タカスギ

同じくリビングから続いている和室ですが、フラットなので転倒の心配もありません。扉はガッツリ閉めることができますので、密談も可能。

乳児がいるご家庭は、キッチンに近い和室ですから、ここで就寝すれば夜中のミルクもササっと作りやすいですよ。

まとめ

日本人としてやはり「和む」のは和の心。流行のデザインはいずれ飽きがくるものですが、和ならば長年にわたって愛せるデザインになるのではないでしょうか。

落ち着きと趣を取り入れた和モダンの家。ぜひ参考に。

メルマガ登録でCRASの住宅雑誌をゲット!