洗濯物ってどこに干す?プライバシーもお日様も両方どりならこれ!

SPECIAL

いまドラム式乾燥機の普及や、プライバシー配慮の観点から、洗濯物を外に干さない派の方が増えてきています。

特に通りに面している所に住んでいる人にとっては切実な問題ですよね。

本当は、太陽の光を当てたい!
布団シーツなどの大物も干したい!!

と、熱望してしまいます。でも現実はなかなか…。

プライバシーもお日様干しも両方取るならば、こういう選択肢はいかがでしょうか。

遊び場にもなるのは中庭

施行実例 セキスイハイム

プライバシーも守れて、外干しとなれば中庭がマスト。広めに設計すれば子供の遊び場としても重宝します。

「ちょっと今日は疲れてるから公園とか面倒だな」という時にも、中庭で遊ばせておけば目が届く範囲ですし、安心して見守っておけます。

ガレージから自宅への動線なら取り込みやすい

施行実例 OCTASE

中庭の配置もガレージから自宅への道中にすれば、動線が確保され“ついで干し”“、”ついで取り込み”が可能に。

個人差あれど、洗濯物って干すよりも取り込むときの方が面倒に感じませんか?帰宅ついでに取り込めば、わざわざ外に出なくて済みますし、取り込み忘れも防げます。

もう1つのリビング。インナーテラス

施行実例 シアーズホーム

“中庭までは必要ない”“、”庭を作るくらいなら居住空間を広くしたい”というならば、インナーテラスという方法も。

リビング続きで設置しますので、第二のリビングとしても活用可能ですし、雨風関係なく干せるところも魅力ですよ。

外壁を高くすることでプライバシーを保護

施行実例 ロジックアーキテクチャ

外壁を高めに作っておけば、周囲の目を気にする事なく屋外に干しておくことができますので、プライバシー面も配慮。

1階部分の外壁が高いと、採光の心配が出てきますが、日当たりのいい2階ならば問題ありません。

広めのテラスを作れば、青空リビングとしても活用可能です。

まとめ

プライバシーも外干しも両方備えるのならば、中庭もしくは2階で外壁を高く作る事です。共働きで昼間突然の雨が心配…という事ならばインナーテラスが使えます。

家族構成や夫婦の勤務状況に合わせて、どちらが我が家にあっているのかを検討されてみてはいかがでしょうか。

メルマガ登録でCRASの住宅雑誌をゲット!