熊本だって寒かとばい!!憧れの薪ストーブを設置したいけれどもどんな問題が想定される?

SPECIAL

九州=暖かい土地だと思っている人も多いかと思います。

でも一言言わせてください。

九州だって寒いとだけん!!!特に熊本は盆地なので夏は暑く冬は寒いのが特徴です。そこで寒さ対策として昨今注目されているのが薪ストーブ。

見た目もなんだか格上感が出るし、エアコンの風が苦手だという人にも好評です。でも間取りに影響しないの?ご近所から苦情はこない?そんな疑問はここで解決しましょう!

薪ストーブがある暮らしに憧れる

リビングで暖炉の炎のゆらめきを見ながらくつろぎのひと時…。憧れますよね。単なる暖房器具の役割だけではなく、薪ストーブの炎はリラックスもあるんです。

科学的根拠もあり「1/fゆらぎ」と呼ばれる効果なんですが、まあ難しい話はさておいて、人間は炎を見るだけでリラックス効果を得られるといわれています。

体だけではなく心も暖められるアイテムとして、注目されています。

薪ストーブを設置するなら新築の時がベスト

施行実例 ストーリーハウス

薪ストーブを設置するタイミングは、新築のときがベスト。薪ストーブ本体も決して小さいものではないので、設置場所の確保や、煙突を外に出すために穴を開けたりなどの工事が必要になります。

また太陽光パネルを屋根一面に設置するのならば、煙突をとおす穴を開けられませんので難しくなってきます。

いざ工事が始まった段階で「いや薪ストーブつけたい」と言っても、下手すれば一から設計しなおす事にもなりかねませんので、設計前に担当者へ相談するといいでしょう。

2階建てならば吹き抜け必須!高気密・高断熱の会社をセレクト

施行実例 グッドデザインハウス

平屋ならさほど問題はないのですが、二階建ての一階部分に設置するならば、煙突を天井まであげる空間が必要になってきます。

「もともとリビングは吹き抜けの予定だから問題ない」という事であればいいのですが、吹き抜けの予定ではない、という人は要注意。

一部分でも吹き抜けを作ると、そこから暖かい空気は流れますので底冷えする可能性が出てきます。

そのため高気密・高断熱をメインとしている住宅メーカーに依頼するといいでしょう。

ニオイ問題に気をつける

どうしたって燃やす訳ですから、多少なりとも臭いはつきものです。

燃やし始めが最も臭いがでるので、ご近所の迷惑にならないように早朝に燃やし始め、洗濯物を外に干す日中は極力火を絶やさないようにするなどの心がけは重要になってきます。

燃料によっては臭いがでにくいものもあるので、そういった便利グッズを活用するのも方法ですよ。

まとめ

薪ストーブの上で焼きいもを焼いたり、乾燥防止でやかんを置いたり…など、かなり憧れている人も多いのではないでしょうか。

煙突があることで、もう子供から「ねえタンタたんはどこから入るの?」「うちにタンタたんはこないの?」というピュアな質問がきてもドンと構えていられます。

薪の準備やメンテナンスも必要になってきますが、それと比較しても設置したほうがいい!という事であれば、早めに住宅メーカーに伝えておきましょう!

メルマガ登録でCRASの住宅雑誌をゲット!