パントリーの生活臭どう隠す?

SPECIAL

ストック用品や、まとめ買い食材をドンと収納できるパントリー。主婦の憧れですよね。でもリビングから丸見えだと、なんともいえない生活臭が漂い、せっかくオシャレにインテリアをまとめていても台無しに。

生活臭を隠すパントリーってどんな感じ?

使いやすくゲストに見えない配慮が大前提

施行実例 タツヤホーム

せっかくパントリーを作るのならば、大容量!そしてゲストに見えないというのが大前提です。リビングから見れば、タイル貼りのアクセントクロスというデザインならば、インテリアを損ねることもありません。

開閉可能だと使い勝手がいい

施行実例 タツヤホーム

完璧にゲストに見せない配置を考えるならば、やはりキッチンの壁際が優秀。開閉式の扉にしておけば、普段は開けっ放し、ゲストが来たときは締めておけるなど応用がききます。

ロングコートも収納可能

施行実例 ZEST

アーチ型のオープン式パントリーならば秘密基地のような特別な空間を演出できます。せっかく広い収納箇所を設けているので、ロングコートや防寒着など外でしか使わないようなものも収納できるように、ハンガー類も設置しておけば一石二鳥です。

あえて2個作ることでより整理しやすく

施行実例 ZEST

実は広いパントリーを作るよりも、小さめを2個作った方が、より収納しやすくなります。収納する場所が多ければその分、物が増えすぎるとうデメリットが生まれるものです。しかし小さめを2個にしておけば、何がどこに入っているなどの在庫管理もしやすくなります。

まとめ

あれば便利なパントリーですが、いざ作ろう!と思っても場所や大きさで案外悩むことも。あまりに大きすぎると在庫管理もお手入れも大変になってきます。家族構成にあわせたうえで、ゲストにも配慮すれば、我が家にとってベストなパントリーが見つかりますよ。ぜひ参考に!

メルマガ登録でCRASの住宅雑誌をゲット!