やっぱり平屋がよか~!価格1,000万円ちょいでリアルに手が届く平屋ってどこ?

SPECIAL

地震に強く、必ず家族と顔を合わせることができる平屋が最近注目を集めています。

いいですよね~平屋。階段がない分、掃除も楽ですし、階段の上り下りからも解放されます。特に今までマンションやアパートに住んでいた人ならば、平屋のほうが今までと同じ使い勝手ができるのでストレスも少ないもの。

でも、平屋って高いんですよね…。

でも、熊本には1,000万円ちょいで手に入る平屋がたくさんあるんです!

1,000万円切った!なのに無暖房・無結露・無冷房ってなに

施行実例 コスモホーム

「コッスモッ!コスモホーム!!」のCMでお馴染みコスモホームが展開するのは、規格住宅平屋の「優」のプラン。

注目はやはり価格です。税別でなんと985.3万円!1,000万円切りました。これならある程度土地に予算を取られても予算オーバーを防げます。

床下暖房が標準仕様!1,118万円~

施行実例 ジャストホーム

何が驚きって…この値段で床下暖房が標準仕様なんです!「エアコンの風がちょっと苦手」という人は案外多いもの。これなら小さいお子さんから冷え性のお母さんまで安心してポカポカライフを送れそうですね!

また図面を見て分かるように廊下がありません!その分、あると嬉しい家事室やファミリーコンテナが装備されているので、ママの使い勝手も抜群です。

全窓ペアガラス!1,117万円~

施行実例 サンタ不動産

「ちょうどいい」が詰まっているのがサンタ不動産のアイパッソの平屋住宅です。広さも充分確保しておきながら1,117万円~と、リアルに手が届く価格です。

また標準仕様として全室ペアガラスを採用。冷暖房の効きもよくなりますしシングルガラスよりは音漏れしにくいので、子育て世代にはありがたい設備です。

半壊以上ならば価格相談可能!震災復興支援特別プラン1.480万円

施行実例 エーエスライジング

エーエスライジングが独自に行っている災害復興支援がこの「震災復興支援特別プラン」です。単に価格を抑えるだけではなく、通常の標準装備はそのままに価格のみを下げて展開しています。

もし自宅が半壊以上であれば、価格も相談に応じるとの事ですから、震災で引っ越しを余儀なくされた人は注目の物件です。

まとめ

平屋のネックは広い土地を確保しなくてはいけないところです。土地の値段でドンと予算を取られるので建物部分は極力予算を押さえたいところですよね。

探してみれば熊本は意外と手に届く価格で、平屋を展開している住宅メーカーが多いものです。それぞれ標準装備や使用している断熱材も異なるので、比較検討してみるのもおすすめですよ。ぜひ参考に。

メルマガ登録でCRASの住宅雑誌をゲット!