今更ばってんね。アイランドキッチンて何がそんなにいいと?

SPECIAL

さあ家を建てるぞ!キッチンなどの設備も自分たちで選ぶぞ!!となった時に、ふと思うのが「やっぱ憧れはアイランドキッチン!」。

確かに朝からオリーブオイルを使う長身のあの人も、毎日を丁寧に暮らす人も、なんかこぞってアイランドキッチンですからね。

なんとなくアイランドキッチン=オシャレというイメージが出来上がっています。

しかし今更ながら改めて思うのが、アイランドキッチンてオシャレ以外、一体何がいいとね?という事。

今回はアイランドキッチンのメリット・デメリットを見てみましょう!

アイランドキッチンのメリット

施行実例 セキスイハイム

アイランド(=島)のキッチンという名称から分かるように、壁にくっつかず独立したキッチンを指します。

回遊式になっているので、とにかく行き来しやすいのが最大のメリット。また並んで作業しても圧迫感を感じにくいのも特徴です。

デメリットはないの?

施行実例 グッドデザインハウス

アイランドキッチンでのデメリットと言えば、常にキレイをキープしなくてはならない事。丸見えの状態ですから、片付けの有無が一目でわかります。また油ハネなどもダイレクトにきますから、フローロングに無垢材を使用予定であれば注意が必要です。

その他の形状だとどんな利点がある?

「やっぱりハードル高すぎ」「うちそんな複数でキッチンには立たん」というご家庭ならば、アイランドキッチン以外の形状にした方が、使い勝手が良くなります。

では、その他の形状だとどんな利点があるのでしょうか?

部屋を広く見せるならば壁際にピタッが優秀

施行実例 グッドデザインハウス

壁際にピタッと沿わせれば、キッチン部分を広く確保できます。アイランドですとどうしても真ん中にある分、キッチンの広さが求められ、その分ダイニング部分が狭くなってしまいます。

「物が多いキッチンを広めにとりたい」という事ならば、壁際にくっつけたほうが優秀。下を土間にすれば油ハネや水ハネを気にせず使えます。

臭い対策や作業に集中したいなら独立式

施行実例 グッドデザインハウス

LDKにすると確かに調理中、家族の様子などが見れますし、孤独になりにくいというメリットがあります。しかし作業に集中できなかったり、調理のニオイが部屋全体についたりしてしまう事も。

それらを解消するには、やはり独立式がマスト。作業に集中できますし、子供が小さいうちはフェンスなどで侵入不可の状態にもっていけます。

対面式キッチンはとにかく高さ!

施行実例 ZEST

やはり主流は対面式キッチン。これをもっと使いやすくするには、手元が隠れる程度の高さを出す事です。

そうすれば買物してそのままドサっと荷物を置いていても、パッと見バレにくいものですし、急にゲストが来ても、死角部分に見せたくない物を隠せば乱雑したままのキッチンを見せずに済みます!

まとめ

確かにアイランドキッチンは憧れますが、現実的に広さを要しますし、よっぽどキッチリしている人以外は、物があふれてしまうというデメリットが出てきます。

「どちらが我が家には合っているのかな」と、普段の生活や使い勝手を考慮して、キッチン形状を決めていく事をおすすめします。

メルマガ登録でCRASの住宅雑誌をゲット!