我が家のこだわりポイント?そりゃトイレです!!

SPECIAL

「ねえごめん、ちょっとトイレ貸してくれない?」

そう言われ、焦らない人はあまりいませんよね。どんなにキレイに掃除していたとしても、やはり堂々と「さあ!ご覧ください!これが我が家のトイレです」とアピールするような場所ではない、と思ってしまうからでしょうか。

しかしできる事ならば、ゲストの突然の申し出にも対応できるトイレでありたい。

そしてもうそろそろトイレが主役の家があってもいいはず!!

そう!個性を出せるトイレがあっても素敵じゃないですか!

壁紙で遊べるのはやっぱりここ

施行実例 ストーリーハウス

「ちょっと壁紙で遊んでみたい」と思ってはみても、やはりなかなか勇気が出ないものですよね。壁紙で個性を出すならやっぱりトイレ!

壁の面積も狭いので、大胆なデザインにすることでむしろアクセントになります。

ゲストも思わず感嘆!広めのトイレはやっぱり憧れ

施行実例 グッドデザインハウス

「ねえちょっとトイレ貸して」「うん、そこの扉開けて」「…おおおお」という流れが毎度の事になりそうな広めのトイレ。

一般的な広さの約1.5倍はありますから、初めて見た人は思わず感嘆の声を上げてしまうこと請け合いです。

バリアフリーにも対応しているので、車いすでも入れる広さは重宝します。

ネコと人間が共存するトイレ

施行実例 セキスイハイム

なんとキャットウォークつき!

同じ場所に愛猫のトイレも置いているのだとか。これなら気になるニオイ問題も解決しそうです。

ネコとヒトが共存するトイレ。猫好きにはたまらない設計です。

“非日常”ってこういうこと

施行実例 セキスイハイム

“非日常のホテルライク”がコンセプトの水回りを追求したら、オープンなトイレになったのだとか。

初めて来た人は「え?」と戸惑ってしまいそうですが、オープンにしておくことで湿気対策も兼ねられますし、何より掃除が簡単そう!

まとめ

探してみると世の中には個性的なトイレって意外と多いものですね!単に奇をてらったデザインではなく、ちゃんと使い勝手も重視されたものばかりですから、使い勝手も抜群です。ぜひ家づくりの参考に!

メルマガ登録でCRASの住宅雑誌をゲット!