品質重視。あえてデザインは作りこまないのが我が家スタイル

SPECIAL

「どんな家にしようかな」と様々なデザインの家を見て回って結果、我が家にあっているのは品質重視のシンプルスタイル、という方が増えています。

流行のデザインもいつかは廃れていくもの。内装は後からどうにかなりますが、家の基礎や構造は建ててしまったあとに改善するのは難しいものです。

優先すべきは品質。

あえてデザインは作りこまないという家を集めてみました。

県産の木の香りが我が家のフレグランス

施工実例 出田建築工房

玄関に入ってすぐに感じる県産の木材の香り。一番のフレグランスですよね。出田建築工房で使用している木材は風土にあった熊本県産木材。また熊本特有の夏の暑さ、冬の寒さを軽減するような構造になっているのも魅力の1つです。

地場の工務店ですから、全国展開している大手住宅メーカーよりも費用も押さえることが出来ます。

「なんとなくこうしたい」をカタチに変える力

施工実例 溝田建築設計

注文住宅の場合「こうしたい」と頭の中では思い描いているものの、なかなかそれを具体的に伝えるのが難しいもの。

しかし、フワッとした情報でも具現化する力を持っている、と好評なのが溝田建築設計。通常、設計会社に依頼をしても、実際工事を行う業者と異なる事が多いのですが、溝田建築設計は施行も行うので「あれ?こんなはずじゃ…」というトラブルも防げます。

オール無垢の心地よさ

施工実例 無垢生活住宅

「せっかく家を建てるならやっぱり無垢にこだわりたい」という人にピッタリなのは、無垢生活住宅。フローリングどころか建具、キッチン、洗面所に至るまで標準仕様で本当にオール無垢で日常生活を送れます。

四季を通じて素足で心地いい暮らしを過ごす事も夢ではありません。

2×4でさらなる安心を

施工実例 タツヤホーム

一度ならず二度までも大きな地震を体験したからこそ重視したいのは耐震性。タツヤホームは柱と面で家を支える2×4(ツーバイフォー)工法ですから、耐震はもちろん台風被害も少ないのが特徴です。

「在来工法じゃちょっと不安」「でも鉄筋だと費用が…」というジレンマを解消できます。

標準仕様の設備でコスパ高を狙う

施工実例 七呂建設

「2×4はいいけれど、やっぱり費用が…」という事であれば、柱×面で支える工法を採用している七呂建設がマスト。

高断熱樹脂サッシや外反射断熱材特殊シート、薄いUFO-Eなどが標準仕様となっているので、コスパが高いと言えます。

まとめ

どこの住宅メーカーにしようかと探していると、どうしても目に入りやすいのはデザイン性ですよね。

値段やデザインも確かに大切です。しかし本来、家を建てる目的は「家族を守るため」ではないでしょうか。

内装デザインにお金をかけるよりも、大事な家族を守るための基礎や構造部分に主軸を置く住宅メーカーの方が結果的にお得になる事も考えられますよ。

ぜひ家づくりの参考に。

メルマガ登録でCRASの住宅雑誌をゲット!