ジワジワきている二世帯住宅。どんな間取りにすればプライベートを守れる?

SPECIAL

資金面や子育て支援の環境から、あえて二世帯住宅を検討する人、増えています。しかし懸念すべきはやはりプライベートな空間を保持できるのか?という点。

いくら親子とはいえ、完全型同居はちょっと…というのが本音ですよね。

実際、二世帯住宅を建てた!という人の間取りを参考にしてみましょう!

理想は完全分離型二世帯

施工実例 セキスイハイム

理想を言えば、キッチンやお風呂、トイレなども完全に分かれた完全分離型がベストですよね。同じ屋根の下、何かあれば声をかけあえる距離でありながらも、親世代、子世代のプライバシーはしっかりと確保できます。

1階が親世代、2階が子世代というタイプが多い

施工実例 シアーズホーム

「完全独立型が本当はいいんだけど、やっぱり予算が」という事で、多くの二世帯住宅で採用されているのが、1階部分が親世代、2階部分が子世代と分けて、キッチンなどの設備は一部供用というスタイル。

「どうしてもお風呂とトイレだけは嫌!!」という事であれば、2階部分にシャワー室をつける事で解消できます。

完全同居ならセカンドリビングだけは確保したい

施工実例 セキスイハイム

リビングもすべて共用という事になれば、ぜひ確保したいのが2階のセカンドリビング。別に聞かれてマズい事がある訳ではないけれども、やはりママ友などが遊びに来たときには気を使ってしまいますよね。

そんな時に2階にセカンドリビングがあれば解決。お互い気を使わずに自宅で過ごせます。

3世代でもスキップフロアならプライベートも確保

施工実例 三井ホーム

3世代での同居であれば有効なのがスキップフロア。1階部分にガレージ、2階部分にはLDKと別棟の平屋が実は連結されています。

また中庭を介して隣家に住む両親宅と繋がるように設計されているので、まさに互いのプライバシーは尊重しながらもスープの冷めない距離で居住しています。

親戚なども集まりやすい家となるのではないでしょうか。

まとめ

二世帯住宅も悪いことばかりではありません。助成金なども発生しますから、費用面で助けられることも多いでしょう。

完全同居がネックであれば同敷地に別棟を建てるという方法もありますよ。ぜひ参考に。

メルマガ登録でCRASの住宅雑誌をゲット!