10年後に後悔しない家づくりのコツは”応用力”

SPECIAL

せっかく家を建てるならば、後悔しない家づくり…そう思ってはいても、家族構成や年齢が変われば、ライフスタイルは変化していきます。

ライフスタイルが変われば、建てた当時はちょうどよかった間取りも、なんだか使いにくくなってくるものです。

でも「使い勝手が悪い」という理由のみで、リフォームにはなかなか踏み切れません。現在、そして10年後も後悔しない家づくりのコツは“応用力”でした。

応用力ってなに?

例えば「よし!この部屋は○○専用」「この部屋にはこれ」など、ガッチリ決めてしまうと、応用が利かなくなってしまいます。

また「この部屋はいずれ子供部屋」「ここは来客用スペース」と分けていても、日常、利用頻度が少ない場合には気づけば物置と化している事も少なくありません。

限りある広さなのですから、細かく決めるよりも、どんな環境でも変化できる応用力のある部屋が正解なんです。

LDKに多目的スペース

施工実例 セキスイハイム

家族が最も集う場所がLDK。ダイニングとリビングの間に、あえて何も家具を置かないラ目的スペースを設置。稼働式の扉があるので、状況に応じて開閉可能です。

普段は開けてリビングとして活用してもいいですし、少し集中したい場合には扉をせめてこもることも可能。スタディーコーナーやピアノのレッスンなどにも使えます。

キッズスペースも間仕切りがあると便利

施工実例 セキスイハイム

子どもが小さいうちは、ママの目が届く範囲にキッズコーナーを設ける家庭が多いのですが、そのままリビング部分だと乱雑とした印象を与えてしまいます。

テレビ台を間仕切り代わりとしてキッズコーナーを作れば、ある程度おもちゃが出しっぱなしでも目くじらを立てずにすみますし、キッズコーナー不要な年になれば、書斎としても活用可能です。

子供部屋はいつでも分けられる空間に

施工実例 ストーリーハウス

「子供部屋を確保したけれども、まだ1人部屋には早いかな」という年齢の子どもさんであれば、いつでも仕切れるような設計にしていて、普段は兄弟・姉妹と同じ部屋にしておくと便利です。

扉や収納も、あらかじめ部屋が独立したときのために2個設置しておけば問題なし。

壁面収納は可動式が優秀

施工実例 ストーリーハウス

壁に穴をあけたくないと収納グッズを準備しても、部屋が狭くなっていく一方。だったら壁一面を有効ボードにすれば解決。

必要に応じて高さや幅を変える事ができるので、年齢に応じて変わってくる所有物も問題なく収納できます。

まとめ

応用力、つまり使い方が1パターンしかない部屋は、ライフスタイルの変化についていけなくなります。

誰にもこの先の家族がどのような生活を送るのかなんて、確実な予想はできません。だからこそ、どんな事があっても対応できる“応用力”のある家が便利なんです。

ぜひ家づくりの参考に!

メルマガ登録でCRASの住宅雑誌をゲット!