熊本県内で住みたい町ランキング5位は阿蘇市!スローライフを送るならこんな家

SPECIAL

よく聞く「住みたい町ランキング」ですが、実は熊本県版も存在するんです。「いや上位はどうせ熊本市、合志市、菊陽、嘉島あたりだろう」と確認したところ

出典

えっ熊本市西区を押さえて阿蘇市が5位!?そして以下ランキングを見ると天草市や阿蘇郡も入っている…。という事は、やはりスローライフに憧れている人も多いという事ですよね。

そこで今回、スローライフにピッタリな家を集めてみました。

このロケーションだから際立つ薪ストーブ

施工実例 ストーリーハウス

せっかくのスローライフですから、自然豊なシチュエーションに映える薪ストーブがある家なんていかがでしょうか。

定年後のセカンドライフでスローライフを楽しむのなら、週末お孫さんが遊びに来たときに喜ぶこと間違いなしです。

軒下が長いので突然の雨や雪でも安心

施工実例 ストーリーハウス

阿蘇と言えば夏は涼しいのですが、やはり心配なのが冬。昔ほどドカッと雪が積もるような事も減ってきたのですが、慣れていないと苦労することも。

防止策として玄関を小上がりにして、軒先を長くしておけば「玄関から出られん!」という事もありませんし、洋服についた雪を玄関前で払う事もできます。

大人だからこそハマるミッドセンチュリーインテリア

ミッドセンチュリースタイルは、シンプルかつモダンな雰囲気を出せることで人気の内装インテリアですが、実はこのミッドセンチュリーって意外と住む人を選ぶんですね。

あまりに住人が若すぎると「背伸びしているな」感が否めないんです。

しかしセカンドライフを送るシニア層であれば、雰囲気もあいまって、自然にダンディズムを醸し出せます。

アンティークデザインで飲むワインって最高すぎない?

家全体をあえてアンティーク風にすることで、まるで隠れ家のような雰囲気を出す事ができます。アンティークな家で年代物のワインをたしなむなんて最高の時間ですよね。

ゆっくりとした時間もいいツマミになりそうです。

まとめ

阿蘇に似合う家って何だろう?と探した結果、やはり自然と調和すること、そして内装で少し遊び心を出す、という家がピッタリとハマるのではないかと思いました。

「まだちょっと市内から出きらんな」という人でも、定年後のセカンドライフを送る場所の候補として検討してみても楽しいかもしれませんよ。ぜひ参考に。

メルマガ登録でCRASの住宅雑誌をゲット!