狭小住宅でも諦めない!デメリットはこうリカバーできる!

SPECIAL

土地探しって本当に大変ですよね。

居住したいエリアが決まっても、問題となるのは予算。予算内で購入できるのは、とても広いとは言えない広さ…という事もあるでしょう。

しかし狭小住宅だとしても、デメリットは少し視点を変えればリカバーできるんです!

デメリットと逆手にとって我が家のメリットにしちゃいましょう!

土地が狭い?じゃ縦の方向で敷地を広げるスキップフロア

施工実例 ストーリーハウス

間口がどうしても狭くなるのならば、段差を活用して部屋にするスキップフロアを採用するという方法も。

同じLDKであってもリビング部分を段差がりにするだけで奥行きが広がります。また2階建てであれば階段部分を活用して1つの空間にする事だって可能。土地の広さ以上に空間を使うことができますよ。

密集地?じゃプライバシー保護もできて採光もできる2階リビングを

施工実例 ストーリーハウス

狭小住宅×密集地となるとどうしても採光が難しくなってきます。せっかく家族が集まるリビングですから、できる限り明るい空間でありたいもの。

だったら2階にリビングを作るというのも選択肢に入ってきます。

カーテンを閉めなくても、通行人の視線を気にする必要もないのでプライバシーも守れます。

洗濯物が干せない?じゃ屋上を活用

施工実例 桧家住宅

洗濯物を干すためにベランダを設けると、その分、居住空間が狭くなってしまいます。それなら注目したいのが屋上です。

「青空リビング」と名付けられた屋上の空間は、家族のみのプライベート空間。洗濯物を干す時も下着類など室内干しにする必要もありません。

家具を持ってきてくつろぎの場所にしても素敵ですね!

収納スペースがない?じゃ壁に頑張ってもらいましょう

施工実例 グッドデザインハウス

収納って大事ですが、狭小住宅で収納スペースを別途設けるとますます狭くなってしまいます。そこで頑張ってもらうのが壁。

壁にはめ込まれたビルトイン収納棚なら空間を圧迫することもありません。

まとめ

狭小住宅だからこそ、アイディア1つで心地いい空間に変える事ができるものです。色々専門家のアイディアも参考にしながら、我が家なりのデメリットリカバーを見つけていくのも楽しいかもしれません。ぜひ参考に。

メルマガ登録でCRASの住宅雑誌をゲット!