照明にこだわれば暮らしはもっと上質に

SPECIAL

部屋の照明と言えば白熱電灯というのはもう昔の話。現在はカラーもデザインも豊富な照明器具が多く展開されています。

照明によって明るさや特徴も変わってきますので、ここはひとつこだわり抜いてみてはいかがでしょうか。

天井を見上げるのが楽しくなる。そんな照明を集めてみました。

ダウンライト×ペンダントライトならば明るさも調整しやすい

施工実例 リブワーク

オシャレにこだわるおうちの代表格と言えばペンダントライト。ボワッと照らす光が優しさを演出できますが、どうしても気になるのが手元の暗さ。

調理中や子どもの勉強をする環境としては、やはり光量不足は否めません。そのためダウンライトと併用すれば上手に解消できます。

寝室はコーニス照明で落ち着きを

施工実例 リブワークス

コーニス照明とは、壁の一部を垂れ壁にして壁に光を反射させる照明のこと。光がワンクッション置いた状態で届くので落ち着いた中にもラグジュアリーな印象を与えます。

疲れを癒す寝室に採用すれば、おだやかな時間を過ごせそうですね。

お気に入りの照明で手元をライティング

施工実例 ゼスト

手元を照らす照明も学習デスクのようなものではなく、お気に入りのデザイン照明をセレクト。

使用しない昼間には、インテリアのアクセントとしても活用できます。

陰影もデザイン

施工実例 グッドデザインハウス

ペンダントライトにアンティークフラワーを。それだけで光が壁に乱反射し、デザイン性の高い照明に早変わりします。

裸電球に巻きつけると熱で火災の心配も出てきますが、カバーがついているので、その点も安心できます。

ゲストから感嘆の声が上がる照明になること間違いなし!ですね。

まとめ

照明器具を選ぶタイミングに決まりはありません。引っ越した後にでもゆっくりと好みの照明器具を探すというのも楽しみの1つです。

しかし、配線工事などは内装工事と一緒に行われますから、可能であればその前に「こんな照明をつけたい」と伝えていた方が無駄がありません。

照明1つで部屋の雰囲気はグッと変わってきますよ。ぜひ参考に。

メルマガ登録でCRASの住宅雑誌をゲット!