ママが楽する家は水回りの動線がカギ

SPECIAL

ママが楽する家は水回りの動線がカギ

最近、家事動線を意識した家づくりが流行っていますよね。そもそも家事動線ってなに?って話ですが、要は、炊事や洗濯などの家事をするときの経路のこと。

家の中で行ったり来たりするよりも、1つの道筋をあらかじめ作っていた方が、経路が整理され、時短にも繋がります。

特にママが楽できるポイントは水回りの動線を確保することなんです!

キッチンから浴槽まで一直線

施工実例 セキスイハイム

家事動線の基本は、キッチンから家事室、浴室まで水回りを一直線につなぐこと。水回りを集約するだけでも暮らしやすい構造になってきます。

また天井には自動で上げ下げする物干し竿を設置。これなら身長が異なる家族でも、自分の身長に合わせ洗濯物を干せますので、家族で家事分担をしやすくなります。

脱ぐ・洗う・干す・しまう・着るを一か所に

施工実例 七呂建設

洗濯ってよく考えれば、洗う・干す・しまう。と非常にやる事が多い!しかも洗う場所干す場所しまう場所と別々なので手間もかかってしかたありません。

もっと時短を意識するならば採用したいのがウォークスルークローゼット。洗面所と脱衣所、家事室を兼ね備えていますから、一か所で脱ぐ・洗う・干す・しまう・着るを可能に。

パントリーはダイニングに壁面収納が優秀

施工実例 セキスイハイム

食料や備蓄などを保管するパントリーですが、独立型よりもキッチン横の壁面収納にした方がメリットは大きいものです。

まず壁面収納なので、わざわざパントリーのための場所を確保する必要がない=キッチンやリビングをその分確保できる。一目で何がどこにあるのか分かるので家族にも分かりやすい。在庫管理が簡単。など、いいことずくめなんです。

回遊式キッチンって意外と使える

施工実例 タカスギ

「キッチンは壁にくっつけているから、出入り口は1カ所」というご家庭も多いのでは。でも、行きたい場所が壁際の方向だった場合、わざわざ遠回りしなきゃいけなかったりと案外不便なものなんです。キッチンは回遊式にして左右どちらからでも入れるようにしておいた方が、どんな時でもサッと動けます。

まとめ

ママが楽になる家事動線は、まず水回りを集約!そしてできる限り歩数を短く、1カ所で家事が終えるような造りにすることです。あとは各家庭によって動きが変わってきますから、よく相談して決めていくといいでしょう。ぜひ参考に。

メルマガ登録でCRASの住宅雑誌をゲット!