年齢を重ねるごとに魅力が増すのは平屋でしょ

SPECIAL

「いや~やっぱり家を建てるなら平屋!」という人、増えています。昔は二階建ての家がステータスでしたが、階段のわずらわしさ、掃除の手間などを考えると、マンションのような使い勝手ができる平屋が人気なんです。

敷地さえ確保できれば、年齢を重ねても段差がない分、ゆっくりと過ごせますしね。

でも、平屋=純和風のおうちっていうイメージしかありませんが、イマドキの平屋ってどんな感じなんでしょうか?実際に熊本県下で平屋を建てた事例の参考にして見てみましょう!

天井を高く開放的なリビングに

施工実例 ランドハウジング

平屋=天井が低いというイメージは、もはや昔のこと。イマドキの平屋は天井を高く!開放的に!がベーシックになりつつあります。天井が高いだけで、部屋も広く感じられますね。

天井部分の優しい木目もいいアクセントになっています。

高齢になっても自活したい!

施工実例 ランドハウジング

年齢を重ねてくると、どうしても身体的機能の心配が出てくるものです。老いは誰にでも平等ですよね。そのため先を見越したユニバーサルデザインを導入しておくと、「いざ!」という時に慌てずに済みます。

車いすでも介護なしで自活出来る事をコンセプトに作られています。

あえて廊下を作るのも粋でしょ

施工実例 ランドハウジング

最近の住宅は、とことん無駄を省くことが重要視されているので、廊下をつけていないご家庭が多いものです。

確かにあくまで通路としての機能しかないので、なくても生活はできます。

でも、あったほうが空間を仕切れますし、何より高級感と大人の余裕を演出できます。

リビングを家族の中心に

施工実例 エープラスハウス

平屋の最大のメリットは、家族の誰がどこにいるのか?と把握しやすい事ですよね。特にキッチンからリビングや他の部屋の様子が見えれば、小さいお子さんがいてもママは安心して調理を行えます。

そのメリットを最大限に活かすように、キッチンからリビングが一目瞭然、スキップフロアもリビングに設置した造りになっています。

まとめ

平屋=純和風のデザインは昨今なかなかお見掛けする機会も少なくなってきました。現在は、機能的な造りでありながらも、天井は高く!シンプルに。が基本です。

ぜひ家づくりの参考に。

メルマガ登録でCRASの住宅雑誌をゲット!