ねえねえどうする?子供部屋のレイアウト!

SPECIAL

将来のためにと作った子供部屋ですが、いつの間にやら物置に…となっているご家庭も多いのでは?

そして、いざ使おう!とした際に考えるのがレイアウト。特に性別が異なる兄妹、また姉弟ならば、幼い頃は同じ部屋でいいけれどもいずれ分ける必要が出てきます。

一緒に過ごす時期、別部屋に過ごす時期、それぞれの成長過程に合わせて、いちいち変えるのって正直面倒!みんなどうしてんの?

異性の兄妹は間仕切りがマジ便利!

施工実例 ストーリーハウス

異性の兄妹であれば、年頃になったら部屋を分けなくてはいけません。でもまだまだ幼い頃には2人で1部屋でじゅーぶん!

こんな時に便利なのが間仕切り。先にレールだけをつけておけば、いざと言うときに仕切ればOK。収納棚で簡単に分けておくと互いのテリトリーも分かりやすくなります。

寝るのがめっちゃワクワクするやつ!

施工実例 ストーリーハウス

「子供部屋はあんまり広くとれない」という事ならば、便利なのが二段ベッド。もうこれだけで子供のテンションMAXですが、せっかくならばここでサプライズ。

上から天蓋カーテンをかけるだけで、女の子のプリンセス心は満たされます。かわいいだけでなく意外と虫よけにも効果ありそうですね。

自室でグランピング

施工実例 ストーリーハウス

ある程度お年頃になれば、友人たちを招いてパジャマパーティーをする時期が、必ず女子には訪れます。

そこで活用したいのが小さな室内用テント。周りに100均のガーランドをつけておくだけで雰囲気が変わってきます。ここで内緒のガールズトークを繰り広げるのもよし、室内グランピングを開催するもよし。夢が広がります。

棚にも机にもなるやつ

施工実例 ストーリーハウス

子供部屋って物があふれがちなので、できれば机もコンパクト&シンプルなものが重宝しますよね。そこで便利なのが収納と一体になったシンプルデスク。

多機能に使えるので、子供用デスクだけではなくリビングなどに設置すれば、パソコンデスクとしても活用できそうです。

まとめ

子供部屋って正直そんなに広さを取ってあげられないのが現状ですよね。でも、広くはなくても子供が喜ぶものを1個設置すれば、それだけでも充分に喜んでくれますよ。ぜひ参考に。

メルマガ登録でCRASの住宅雑誌をゲット!