子供が3人いてもキレイが続くコツ

SPECIAL

子供って1人いるだけでも、ものの数秒で物があふれてしまいますよね。それが2人、3人となればもう…。

「ミニマリスト?は?なんそれ」な世界ですよ。しかも子供用品はおもちゃだけではないので、気づけばあっという間に、何がどこにあるのやら状態です。

1日で「捨てるけんねー!」と何回叫べばいいのでしょうか。言う方もさすがに飽きてきました。でも、言わなきゃあふれるのみ。

できればキリキリせず、かつ自然に片付く方法ってないんですかー?

とにかく壁を徹底活用!

施工実例 シアーズホーム

壁をそのままにしておくには、あまりに勿体ない!特にリビングは何をしている訳でもないのに、気づけば物があふれる場所なんですから、リビングの壁は有効活用!

壁一面に置かれた壁面収納があれば、一挙解決です。

子供のおもちゃなどは、子供の背丈に合わせた場所を一カ所開け「ここに入れる」と、細かく伝えていけば、小さい子でも自然に「ここにしまう」という癖がつきやすくなりますよ。

シューズクロークは絶対!

施工実例 シアーズホーム

特に子供が就園、就学になると一気に増えるのが靴!洗い替えや長靴など、最低でも1人3足は必要になります。という事は、子供が3人いれば9足分の靴が収まるようにしなきゃいけません。なおかつ自転車やらレインコートやらも次から次へと出てきます。

だからこそ積極的に活用したいのは、やっぱりシューズクローク。オープン式にしていれば子供でも取り出しやすいものですし、何より通気性がよい!ゲストが来た時には仕切りをしておけば、悪目立ちしません。

忙しいママ専用の書斎はダイニングに

施工実例 シアーズホーム

子供が3人いると、それぞれ持って帰ってくる書類に目を通すのだけでも大変なのに、プラス書類管理もしなきゃいけません。

そこで便利なのがダイニングにママ専用の書斎!

「さしより後で」の一時保管がダイニングテーブルじゃなくなるので、食事の時もスッキリしますし、書斎横に収納を設けることで、書類管理のファイルも近くにおいておくことができ、管理しやすくなります。

もうダイニングテーブルの大きさで悩まなくてもいい

施工実例 シアーズホーム

ダイニングテーブルって、大体4人掛けが主流なんですよね…。これ以上のサイズになると値段も上がりますし、何より圧迫感がすごいことに。

どこのおうちもダイニングよりリビングに広さを確保したいので、ダイニングがやたら広いって事はありません。その中で大きなテーブルとなれば、やっぱり物があふれる原因になってしまうもの。

だったら、いっそのことダイニングテーブルを対面キッチンと繋げてみてはいかがでしょう。シンクの横に設置すれば、場所もとらず広々スペースで食事を楽しむことができますよ。

これならスタディデスクとしても活用できるので、わざわざデスクを購入する必要もありません。

まとめ

子供3人いるご家庭ならば、第一優先事項はやっぱり収納です。しかし「よっしゃ収納ね!」と市販の収納用品を買いそろえると、出費も高くつきますし、何より今度は収納用品が原因で部屋が圧迫されてしまいます。そのためできれば壁面収納で見た目もコンパクトに!がベスト。また家具類も1つで2役活用できるアイテムを充実させれば、部屋が広くなりますよ。ぜひ参考に。

メルマガ登録でCRASの住宅雑誌をゲット!