これが我が家の在り方。夫婦2人だからこそ楽しめるおうち時間

SPECIAL

持ち家を建てるもしくは購入するのは何も子供がいる家庭だけではありません。夫婦2人で話し合った結果、「持ち家を持とう」と決断するご夫婦だって少なくないんです。

大人だけの空間ですから、もうここは思いっきり贅沢に!好きなテイストを散りばめて、帰宅が待ち遠しくなるおうちにしていきたいものですよね。

大人だけの空間だからこそ許される極上な戸建てを集めてみました。

夫婦2人だからこそ思いっきり贅沢な家時間

施工実例 セキスイハイム

2人暮らしにおすすめなのは贅沢な平屋の暮らし。段差をなくしたバリアフリー構造にしておけば、年齢を重ねたあとでも変わらずおうち時間を過ごすことができます。

朝から好みのコーヒーを入れて、大きな窓から差し込む光を浴びて、ゆっくりと過ごす。そんな他愛もない日常が愛おしく感じる空間です。

ナチュラル×アウトドアでおうちを楽しむ

施工実例 桧家住宅

夫婦2人が選択したのは、ナチュラル×アウトドア。家全体のべースはナチュラルでありながらも、小物や屋上に芝生で、おうちアウトドアを楽しんでいます。

夫婦でも好みのインテリアややりたいことって常に同じではありませんよね。互いに折衷案を出すことで、より2人らしい家が完成していきます。

マンションライクに暮らせる平屋

施工実例 桧家住宅

結婚を機に2人で話し合い、持ち家という選択に。「畳は絶対!」という条件があったので、規格住宅から選ぶことができたので、おおよその間取りを決める手間暇を、アクセントクロスなどに費やすことができました。

共働きで打ち合わせに時間が取れない!というご夫婦ならば、規格住宅も選択肢にいれておくとあらかじめプランが決まっていますので、時短にも繋がりますよ。

愛犬とともに暮らす家

施工実例 桧家住宅

持ち家を建てる前から愛犬がいれば、やはり愛犬も過ごしやすい空間を、と考えてしまいますよね。特に日中留守にしていることが多いのであれば、ケージの位置や大きさって重要になってきます。

大きいと居住空間が狭くなるし、かといって狭いのは可哀そう。そこで階段下収納を活用し、愛犬専用スペースを確保。埋め込み式になっているので居住空間も損なわずに済みます。

まとめ

夫婦2人での持ち家だと「ちょっと贅沢じゃ…」と考えてしまう夫婦が多いものです。でも重要なのは他人がどう思うのかではなく、自分たちがどうしたいのかではないでしょうか。

他人が何を言おうと、2人で話し合って「やっぱり戸建てだね」って結論が出たらそれが正解なんです。夫婦2人でしか叶えることのできない特別な大人空間。ぜひ楽しんでみてはいかがでしょうか。

メルマガ登録でCRASの住宅雑誌をゲット!