ペットは家族。愛犬と一緒に暮らす家を建てよう。

SPECIAL

せっかく家を建てるなら、人間だけが心地いい家じゃなく、愛犬も気持ちいい家にしたい。だって家族の一員なんだから。

ペットを飼っている人の多くは、そう願うものですよね。

でもどう設計すればヒトも犬もお互いノンストレスな家になるんでしょうか。実際建てた人のおうちを参考に見てみましょう。

階段下をさらに段差がりにして専用スペース

施工実例 セキスイハイム

リビング階段の下を有効活用した事例。段下がりにして愛犬用のスペースを確保しました。どうしてもフローリングは滑りやすく足腰を悪くしてしまいがちなので、ここはタイルを採用。互いの存在は感じながらもテリトリーを分けたいのであれば、この方法が有効です。

中庭を囲む平屋ならストレスなく遊べる

施工実例 ロジックアーキテクチャ

中庭付きの平屋であれば、階段などの段差がないのでこれから共に年齢を重ねていく愛犬も安心して過ごすことができます。

リビングから中庭まで直行で行けるので、気が向いた時にフラリと遊びに出るのもOK。愛犬も人間もストレスが溜まりにくく共存できるデザインです。

安心できるスペースを確保

施工実例 ゼスト

玄関部分に土間を作り、そこを愛犬用スペースとして確保しています。土間にしておくことで足腰への負担もかかりにくいものですし、万が一粗相をしてしまっても、そのまま水で洗い流せるので、衛生面も安心です。

また扉をつけておくことで、万が一の飛び出し防止にも一役買えます。特に玄関近くに愛犬スペースを考えているご家庭は、飛び出し防止を最優先に考えておいたほうがいいでしょう。

自由に行き来できる専用ドアがあれば便利

施工実例 ゼスト

「もううちは居住空間分けないわ~」というご家庭であれば、ぜひ採用したいのがペット専用ドア。自由に行ったきたりができるので、愛犬も気兼ねなく出入りが可能です。

愛犬だけでなく愛猫でも使えるアイディアですね。

まとめ

今まで家の内装に合わせてペットと暮らしていたので、「ペットも暮らしやすい家」と思っても、なかなか具体的に何をどうすればいいのか分からない人が多いものです。

まずは、居住空間を分けるのか一緒にするのか。という点から考え、そこから愛犬の大きさや性格は…と、考えを派生させていけばアイディアもわきやすいものですよ。ぜひ参考に。

メルマガ登録でCRASの住宅雑誌をゲット!