リビングでのびのびしたーーい!叶えるポイントは”吹き抜け感”でした

SPECIAL

ひっろーーいリビングで開放的に!!もう憧れちゃいますよね。でも現実は、そんなに広さも取れないし、リビングばっかりに予算も充てられないし…。で、諦める事が多いもの。

でも簡単に立て替えられるものじゃありませんから「うーんやっぱここの広さがね」って、ずっとモヤモヤするのもいやじゃないですか。しかし広さは変えられなくても、吹き抜け感さえあれば、狭く感じないものなんです。

ではリビングを広く見せる5つのポイントを見てみましょう!

半吹き抜けで開放感!

 施工事例 エッジスタイル

リビングを吹き抜けにすれば、そりゃ開放感は得られます。しかしデメリットも多いのも事実。だったら、半吹き抜けなんていかがでしょうか?2階の吹き抜け部分を大き目の窓にしておけば、光も自然と入ってくるので、いつも明るいリビングになります。

吹き抜けのデメリットを知りたい!!という人は、こちらも参考に

注文住宅で皆が本当に後悔しているポイント5選!【リビング編】

リビング横和室だってアイディア次第で開放的に

 施工事例 エッジスタイル

リビング自体広さが確保できないんですから、リビング横の和室だって同様ですよね。でもせっかくならば家族皆がくつろげる和室が欲しいもの。リビング横和室を広く見せるためには、収納を吊収納にすることがマスト。

下の空間がある分、圧迫感を減らせます。そのうえで、空いた場所に

 施工事例 エッジスタイル

なんと玉砂利!!広さは変わらずとも雰囲気は変わるので、狭さを感じさないアイディアですね。

リビングを一部土間にすれば活用方法も広がる

 施工事例 エッジスタイル

リビング土間ってオシャレな人たちの間で流行ってますが、全面を土間にするのってなかなか勇気がいるもの。だって単なる「オシャレ」ってだけでは飽きた時が怖いし、どう活用すればいいのかも分からない!ってのが本音。

でも一部分を土間にしておくだけで、意外と空間を有効活用できちゃうんです。

例えば自転車置き場にもなる。壁を黒板塗料で塗っておけば、子供の遊び場所にもなる。チョークの粉が床に落ちても、土間だからサッと掃除しやすいし、汚れてもそんなに目立たない…など、メリットがたくさん!

ちょいと天井を高くするだけで

 施工事例 一条工務店

ぜひ採用したいのが、天井を少しでも高く上げる事。これだけで部屋って広く感じることができるんです。

「うーんよくわからん」って人は、ショッピングモールをイメージしてみましょう。気づきにくいんですが、ショッピングモールってたくさんのテナントが入っているのにも関わらず、生理的に無理!!ってくらいの雑多感ってないですよね。

実はショッピングモールの天井ってめっちゃ高く設定しているんですよ。そのおかげで「物は多いけれどもそんなに不快じゃない」っていう空間になっています。なので、天井は高く!がおすすめなんです。

究極の合わせ技!窓!スケルトン階段!テラス!!

施工事例 セキスイハイム

これぞ究極の合わせ技!大きい窓!スケルトン階段!!テラス!!!この3種の神器がそろえば大体、部屋は広く感じます。

まず大きい窓があることで光を沢山集めることができます。次にスケルトン階段で吹き抜け感を演出。最後の仕上げにリビング横にテラスを設置すればリビングの延長として使える空間になるので、実質的に部屋が広くなるんです。

困ったときには窓!スケルトン!!テラス!!!と、覚えておくといいでしょう。

まとめ

広いリビング…確かに憧れますが現実的に考えればちょっと難しいかあ…って諦める人が大半です。しかし広さは変えられなくても、広い”風”には見せる事は出来ます。

ポイントは光を感じられる空間を作ることと、天井の高さです。これだけでも随分と印象が変わりますよ。ぜひ参考に。

メルマガ登録でCRASの住宅雑誌をゲット!