平屋だからこそ!収納アイディアをフル活用するべし!

SPECIAL

平屋は、年齢を重ねても安心して過ごす事ができる利点がある一方、収納場所が意外と確保できにくいという側面も。

平屋で「収納場所の確保」への後悔の声も結構上がります。

でも事前にわかっているのであれば、対策の取りようもありますよ!平屋だからこそ収納アイディアをフル活用しちゃいましょう!

【この記事はこんな人におすすめ】

  • 平屋の住まいを検討している
  • 収納をとるべきか居住空間を取るべきか迷っている
  • 収納力がある平屋を探している

このような人には特に参考になります。

とにもかくにも壁面収納

施工実例 ストーリーハウス

「収納スペースが欲しい!!」という一心で、あまりに収納ありきで考えるのも危険なもの。収納スペースを増やせばその分、居住空間が狭くなってしまいます。これってもう本末転倒ですよね。

そこで取り入れたいのが壁面収納。部屋の壁はもちろんの事、廊下などの壁に収納スペースを作ると、わざわざ市販品の収納ケースを購入する必要もありません。備え付けの収納スペースなので、家全体の一体感も生まれます。

困った時には小屋裏収納という方法

施工実例 セキスイハイム

「ファミリーコンテナとか作ると部屋が狭くなるからイヤ」「居住空間にあまり収納スペースがある部屋が苦手」という事ならば、活用したいのが小屋裏収納。

家族以外、誰も目につかない場所ですから思い切ってドサッと置いておいてもOKなのが嬉しい限りです。シーズンオフのものやゲスト用の寝具などもしまっておけます。

やっぱり玄関には収納必要ですわ

施工実例 七呂建設

靴だけではなく、自転車や雨具、上着なども一緒に収納できるウォークインシューズクローゼットは、もはや市民権を得ていると言っても過言ではない!ってくらい浸透していますよね。

でも「玄関にこんなに広さを取るなんてちょっと贅沢なんじゃない?」なんて感じてしまう事も。

実は家族が共有して使う部分だからこそ、専用の収納スペースが必須なんです。

「あまり見せる収納が得意じゃない」という人は、扉をつけておけばOK。普段は開けっ放しで喚起をしつつ、ゲストが来た時だけしめておけばスッキリとした玄関に早変わりです。

サニタリーとファミリーコンテナの融合

施工実例 七呂建設

衣類の収納先と言えば、ウォークインクローゼットが主流ですが、動線を重視するならばサニタリールームの横がマスト。汚れものはそのまま洗濯機にポイッとできますし、朝の洗顔の後は一歩で着替える事も可能に。

無駄に家中行ったり来たりする事態を避けられれば時短にも繋がります。

まとめ

平屋に限った話ではありませんが、居住空間として使える広さには限度があります。限られた空間の中でいかに収納場所を確保するのが重要になるのですが、2階建てと比較した場合、平屋のほうが収納スペースを取りにくい傾向にあります。

しかし、事前にその事実を分かっていれば意識して収納スペースを作る事だって可能ですよ。

ぜひ参考に。

メルマガ登録でCRASの住宅雑誌をゲット!