素朴な疑問。皆二ッチをどのように使いこなしてんの?

SPECIAL

規格住宅や建売住宅に必ずあるのが二ッチ。

二ッチとは壁を凹ました飾り棚の事ですが、使用用途は何かを飾るって事…。まあ小物類を集める人にとっては便利な収納場所ですし、家族写真や季節のものを飾るご家庭もある事でしょう。

しかし、世の中全ての人が二ッチに対して「いやもう二ッチがある事が絶対条件!」「LOVE!!二ッチ!!」って熱量を持っている訳ではありません。

むしろ「…ここに何置けばいいとやろ」と漠然とした疑問を持つ人だって一定数いるのです。

飾り棚って言われても何飾っていいのかわからん。しかしせっかくあるのならば、何かに役立てたい。

そこで今回、小物を飾る以外に二ッチの活用法何かないのかを探してみました。

どうせ作るなら本棚がいいと思う

施工実例 エッジスタイル

建売では難しいんですが、規格住宅ならば施工前に「いや二ッチ作るんなら、子供専用の本棚にして欲しい」とリクエストすることは可能です。

市販の本棚や壁面収納とは違い、なんといっても壁にINされている状態ですから、非常にフラット。例え地震が起こっても、倒れてこないというメリットも。絵本を読む年じゃなくなったら普通に雑誌類入れててもいいんです。

ジャンプやりぼん入れてても、なんだかオシャレに見えるような気がします。

これ乾きやすいし衛生的でいいんじゃない?

施工実例 エッジスタイル

洗面所横にある二ッチも何を入れればいいのか迷うとこですよね。タオル入れるにしては浅いし。ここには思い切って消耗品をどんと置くのはいかがでしょうか。歯ブラシは乾きやすく衛生的になりますし、歯磨き粉も洗濯しながら「おっそろそろ新しいの買わんとね」って、在庫管理がしやすくなります。

これ本当にマネしたい!キッチン横に子供のプリント

施工実例 エッジスタイル

新学期も始まったとなれば、今まで以上に増えてくるのが学校や幼稚園からのプリント類。特にこの時期は学級懇談会や家庭訪問、運動会のお知らせなど、親が忘れちゃいけない行事も盛りだくさんです。

でも「分かりやすいように」と、冷蔵庫にペタっと貼るのは生活感が出て困るもの。

だったらキッチン横に大き目二ッチ。まとめて貼っておけますし、何よりここ家族以外は見ない場所ですから、インテリアを損ねる事もありません。

中途半端にせんでこれくらい深けりゃ使い勝手も上がる

施工実例 エッジスタイル

繰り返しになりますが二ッチの本来の目的は飾り棚なんですよ。

小物や写真立てなど「ちょっとあったら便利かな」という機能ですから、棚も浅く作られています。いや理屈は分かるんですよ。飾り棚なんだから浅くてもいいっていう。

でもせっかくなら、もーーちょい深く作ってくれれば、まだ収納スペースとして活用できると思いません?構造上どうしてもこれ以上深くできない!という場所以外なら、深くして二ッチではなく本格的な収納棚へと進化させたほうがニーズに合うかもしれません。

少し幅が狭い廊下部分でも、埋め込み式の収納棚ですから広さも確保できます。

まとめ

「せっかくあるから使いたいけれど、どう使っていいのか分からないもの」それが二ッチ。

キッチンの横ならばスパイス入れなどで使えますが、玄関先や廊下、壁など「なんでここに」という部分についている事も珍しくありません。見学時点ではあまりに存在がなさすぎて気づきもしませんが、いざ住むようになったら「…ん?んんんん!?」ってなるものなんです。

小さい事ですが「二ッチとやらがあるんだな」「うちはどう使おう」と事前に考えて、飾り棚以外でも使えるような施工を依頼した方が後悔は少ないものですよ。ぜひ参考に。

 

 

 

メルマガ登録でCRASの住宅雑誌をゲット!