誤飲、転倒、水回り!赤ちゃんを守るためには親が現場監督になるしかありません!

SPECIAL

「這えば立て。立てば歩めの親心」とはよく言ったもので、子供の成長は嬉しいのですが、動くようになると案外、家には危険がいっぱいなんです。思わぬ事故を防ぐには、やはり事前の対策が有効。

親は現場監督と化して「忘れるな!基本動作と危険予知」と安全標語を脳内に叩き込むしかありません。

安全標語と赤ちゃんがいる家庭、こんなにリンクすることってあるのか。と、きっと子育て経験者ならば首が痛くなるほど同意を得られるのではないでしょうか。常に危険と隣合わせですから、大人が先回って危険を予知し回避するしかありません。

そこで今回、赤ちゃんがいるご家庭がもし家を建てるなら、こんなとこが案外危険だよ!ってポイントをお伝えしたいと思います。危険なところを事前に知っておけば、思わぬ事故を防げますよ。

キッチンからすべてを見渡せるか

施工実例 ゼスト

1日を振り返ると、家の中でママが最もいる場所ってやっぱりキッチンなんです。

なので、キッチンからリビングやダイニングを死角なく、全て見渡せるかがやっぱり基本。ズリバイやハイハイなどしだすとアクティブな子は縦横無尽に動きだしますから、子供がどこにいても常に目に入るような設計にしておくと安心です。

大体、いらんこつしてる時ほど声を静めてますからね。静かになったなと思ったときに、どこにいるのか一瞬で分かった方が便利なんです。

リビング階段を採用するなら踏板が直接出ないように

施工実例 オクタス

リビング階段の魅力って、家族皆が必ず一度はリビングをとおるから顔を合わせられるってとこ。

でも赤ちゃんがいる家庭ならば、リビング階段の踏板にも気をつけなきゃいけません。特にスケルトンタイプの階段は解放感がある分、すき間が開いてますから、そこからキャッキャしながらおもちゃなどを落とす遊びにハマる可能性大です。

またつかまり立ちするようになれば、踏板で頭をゴツンと強打することも。

なので、もしリビング階段を採用するのであれば横板を必ずつけて、落下防止をしたり、踏板で頭を打たないように防御するなどの対策が必要です。

極力段差をなくす

施工実例 セキスイハイム

スキップフロアや小上がりの和室は、空間を広く使える分、段差が生じるのでどうしても転倒してしまう可能性が出てきてしまいます。可能ならばすべてフラットな造りにした方が安心。

リビング横和室もフラットにしておけば、和室で遊んでいてママの後追いをするようになっても転倒する恐れはなくなります。

触って欲しくないエリアは壁面収納

施工実例 セキスイハイム

腰が座りだすと始まるのが、収納品の全部出し。キャッキャしながら収納している絵本や用品をすべてポイポイしちゃいますよね。

ポイポイしちゃうだけならまだしも「これなんだ」と好奇心から、なんでも口に入れたりするのもこの時期。なので、絶対に触って欲しくない洗剤やしわ取りスプレー、アイロンなどは壁面収納を上手に活用して、手が届かない場所に収納しておきましょう。

誤飲防止に繋がります。

まとめ

特に初めての子育てだと、ママもパパも初めてばかりなので、一体どこに気をつければいいのか分からないもの。市販品でカバーできるものと上手に併用しながら、家庭内で事故が起きないように細心の注意を払っていきましょう!

メルマガ登録でCRASの住宅雑誌をゲット!