なんさまステイホーム。それが一番大事。

SPECIAL

もうね、コロナコロナ言ってますけど。いろんなところに影響がでているコロナ禍。

御存じでした?

これ

コロナ禍(か)って読むらしいんです。

今の今まで「コロナうず」って読んでたわ!!!

そんなコロナに翻弄される2020年ですが、いかにおうちで快適に過ごすことの重要性がひしひしと身に染みて分かってきた方も多いのではないでしょうか。

家ってリビングってほんと大事。

今度いつまた似たようなコロナ禍(か)がくるか分かったもんじゃないですからね。ここらでいっちょ「ステイホーム」したくなる家、探してみましょう。

半吹き抜けステイホーム

施工実例 七呂建設

長いことおうちにいると、気になってくるのが圧迫感。

半吹き抜けのリビングならば解放感が違います。二階部分から差し込む光で、室内でも少し開放的になれそうです。

施工実例 七呂建設

解放感あるリビングで体を動かしたら、今度は休憩したくなるもの。リビング横に和室を独立させておけば、いつでも畳の上でゴロゴロできます。

また玄関入ってすぐに和室を設置しているので、ここで着替えたりすることも可能。「ちょっと!!外から帰ってきたらまずここで着替えて!!」「ウイルス持ち込まんで!!」と怒られる必要もありません。

LDKと一体!ステイホーム

施工実例 七呂建設

体を動かしたい!!てかもう外に出たい!!!そんな時に使えるのが、ウッドデッキ。

LDK部分と一体化させることで、よりリビングが広く使いやすくなるのが特徴。

ちょっと外の空気を吸いながらボーっとしたいな、というときや、お庭アウトドアも楽しめそうです。

書斎ダイニングでステイホーム

施工実例 七呂建設

今まで「ママの書斎」「パパの書斎」など、どちらかといえば個人の作業が多かったのですが、テレワークで夫婦そろって在宅勤務となれば、案外場所がなかったりするもの。

かといって、わざわざ2つ書斎やワークスペースを作るのも、正直もったいない。

そこで活用したいのが、ダイニング部分。

大型カウンターで空間をしきり、普段はここで食事を楽しむもよし。夫婦そろってのテレワークであれば、並んで作業するもよし。これなら空間は無駄になりません(夫婦仲は置いといて)。

日常がリゾートにステイホーーム!!!

施工実例 七呂建設

小さい子供に「おうちにおらなんよ!」って言っても秒で忘れます。確かに室内にずっといるなんて、大人でも気がめいりますよね。そこで役に立つのがウッドデッキ。

LDKと繋がる窓があるので、いつでも出入り自由なうえに

解放感たっぷりなリゾート感まで演出。

施工実例 七呂建設

室内はアカシアの無垢材を使用。落ち着いた印象を与えながらも、どこか懐かしい色合い。

ナチュラルでもリゾートでもサーフでも。どんなインテリアテイストにもマッチします。

まとめ

世界規模で流行している新型コロナウイルス。大切な人そして自分自身を守るためにも、不要不急な外出は避けなければなりません。

長い時間過ごす「我が家」くらいは

落ち着いた居心地のいい空間でありたいものです。

ぜひ家づくり、またセルフDIYの参考にされてください。

 

メルマガ登録でCRASの住宅雑誌をゲット!